April 24, 2006

■ 世界の半分はエビで出来ている

いやいやコレをみている皆さん初めまして、ボクです
何かの縁あってこのような場を設けさせてもらって、まあ特になんと云うことは無いのですが

突然ですがロシア語のお話
現地の言葉で「エビ」というのは女性器を意味するそうな
結構有名な話ですよね?ユーリ・アルバチャコフもコレが原因で揉めたとか揉まれたとか・・・

ということでエビちゃん、今ぁカキ入れ時ですな彼女は
スポンサー側もガンガンいっとけとばかりにガンガンいかせてますし、本人のほうも怖いもの無しのノーガード・スタイル
いやぁ怖い怖い

先日友人が昼時にポツリと言いました

「世界の半分はエビちゃんで動いている・・・」

コレは深い!いや深くは無いか
兎に角「お昼にポツリというセリフ」ランキングではボクの中でなかなかの上位へランク・インした模様

話を戻しまして
それほどのスマッシュ・ヒットとなっている今、ロシアの方は気が気じゃないはず
まあ男の方はそれを連想してまんざらでも無いんでしょうがね・・・

「エビちゃんのエビちゃん」とか云うんでしょうか?
「ちゃん」でいいんでしょうか?敬称は

そんな悪夢のような妄想が疾走する中突如として浮かんだ人物

「死んでも差し支えないようなロン毛」こと、野人・岡野
あのときのカキ入れは凄かった、毛が生え揃ったばかりのボクも吐き気を催すほどのドゥームを感じたのは言うまでもありませんでした

その時の感覚が今まさにプレイ・バック(パート供

大人になったボクは今度の波には耐えられるのでしょうか?

(野人・岡野は未だに健在で、まだまだチョウ速いことをここで記しておきます、ご了承下さい)

月別過去ログ
カテゴリー別リンク
リンク