ジムで運動を開始するまでの段取りが立てられない

ダイエットのため、区立スポーツセンターのジムに通っているのだが、何回通っても、運動を開始するまでの段取りが全くうまくできない。「ジムに行く」と書くと5文字で済むのだが、その内実を見ると、やるべきことがとにかく多すぎるのだ。

冷静になって、やらなければいけないことを挙げてみる。

1.バッグに以下のものを入れる。

・きれいなタオル
・きれいなトレーニングパンツ
携帯電話
・イヤホン
・シューズ
・会員証
・ペットボトルに入れた水
・汚れていいTシャツ

2.ジムに向かう

3.入り口で400円のチケットを買う(プールの券と間違えやすいので気をつける)
買ったチケットはズボンのポケットに入れる。

4.更衣室に行く

5.靴を脱ぐ

6.ロッカーを確保する

7.荷物をとりあえず入れる

8.着替える。

・コートを脱いで
・シャツ脱いで
・下着を脱いで
・汚れてもいいTシャツに着替えて
・ズボン脱いで
・トレーニングパンツを履く

9.ズボンのポケットから財布を取り、10円玉を2枚取り出す。

10.財布を戻す

11.ズボンのポケットからチケットを取り出してトレーニングパンツのポケットに入れる。

12.携帯電話とイヤホンを取り出してトレーニングパンツのポケットに入れる

13.かばんから水の入ったペットボトルを取り出す

14.かばんからタオルを取り出す

15.かばんからシューズを取り出す(床にシューズを置くなと言われているので手にもったまま。)

16.ロッカーに20円を入れる

17.鍵を閉めて、鍵を取る

18.更衣室から出て靴をはく

19.受付にチケットを提出する

以上。

無理だ。絶望的なまでに無理だ。これを滞り無くやり切ることができる人間はいるのか。誰もできないんじゃないか。財布から20円を取り出さずに鍵を閉めようとする、タオルを忘れる、水を持っていくのを忘れる、チケットを持っていくのを忘れる、そもそも財布に20円がない・・・全部やっている。なんなんだ。特に20円がない場合などは両替機なぞ用意されていないので下の階の自動販売機まで行って欲しくもないドリンクを買わなくてはならない。屈辱だ。

なんだろうなあ、みんなどういう工夫をしてこの複雑な工程を乗り越えているんだろうか。世の人は頭の中にチェックシートでも持っているのか。こちとら脳みそにそんな容量持ちあわせておらんぞ。

ジムに持っていくものをまとめて入れることができるポーチとか作ればいいのか?10円玉を大量にストックできて、携帯電話、イヤホン、タオルを収納できるようにしておけば忘れることもないだろうか?チケットを入れる気の利いた小袋も用意してだな。いや、10円がジャラジャラうるせえぞそれは。あと、でかいからトレーニング室に持っていくのが邪魔だし、なんだ気の利いた小袋って。誰が作るんだ。

ああ、どうすればいいのか。しかもこうして冷静に思い出しながらリスト化したにもかかわらず、この手順だと会員証をロッカーに入れたままだ。馬鹿か。俺は。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)