カテゴリー別アーカイブ: 食べもの

エチオピア風「豆サラダ」のレシピ

東京は御茶ノ水と神保町の間に「エチオピア」という有名なカレー屋さんがあります。私も大好きなで長年通っているのですが、こちらで出てくる「豆サラダ」というサイドメニューが滅法美味しいです。

で、とにかくおいしいので真似してみたら、まあまあそれなりにおいしいものができたので、こちらにレシピとしてまとめました。

※当サイトのレシピはどこぞの店で食べたら美味しかった、ってのを真似してばっかりな気もします。本当に申し訳ない限りですが、エチオピア「風」ですからね。そのあたりは一種の愛情表現と捉えて頂きたく思います。あと、「エチオピア料理」ではないです。ごめんなさい。

では作り方ですよ。ガルバンゾー!

材料

  • ひよこ豆 1缶
  • レンズ豆 大さじ3杯
  • 玉ねぎ 半個
  • 青ネギ 少々
  • ワインビネガー 大さじ1
  • レモン汁 大さじ 1/2
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • サラダ油 大さじ 1/2
  • (お好みで)マヨネーズ 少々

所要時間

15分(玉ねぎで流した涙の量により前後する)

 このレトルトがおいしいかどうかは知りませんよ。

行程

 1.玉ねぎ半分をみじん切りにします。

切った後は辛味を取るため、水にさらします。

DSC04609

2.豆を用意します。

乾燥レンズ豆であれば大さじ3杯くらいを茹でて戻します(ここら辺は豆付属のレシピをご参照ください)。ひよこ豆も乾燥のものがありますが、缶詰が楽なので今回はそれで。ザルにあけてざっと水で洗ってください。優しくお願いします。

DSC04610

あるなら他の豆を入れても良いですよね。本家エチオピアは緑豆も入っているようですが、スーパーであんまり見かけないので今回は省略です。

 

3.ツナを投入

ツナの缶詰を開けます。油はツナのくどさを低減するため、全捨てです。神経質に油を全部切らなくてもオーケーです。ざっとね。

DSC04612

俺はツナが死ぬほど好きだ!ツナはあの油と一体となって初めてツナであり、油を捨てる奴は許さん!という方はどうぞどうぞ、そのまま入れて下さい。

DSC04614

4.みじん切りにして水にさらした玉ねぎを混ぜます

材料をすべて突っ込んだらあとは調味過程に入ります。

DSC04616

5.塩を入れる

塩を入れます。加減は豆の状況によってかわりますが、1gくらいでしょうか。さらさら〜っと全体に。ひよこ豆、ツナと元の味が強いので控えめで良いと思います。

6.酸味をつける

そこそこ酸味をつけます。.ワインビネガー 大さじ1を投入。さらにレモン汁を大さじ1/2入れます。ポッカレモンでも良しとしましょう(偉そうにすみません)。

DSC04621

7.軽く胡椒をふります

提供直前にもう一度胡椒を振るので3振りくらい。控えめでオーケーです。
DSC04622

8.味見&最終調整

ここまでで味見して「オーケー!」という人はそのまま出して食べてください。個人的にはここまでだとちょっとあっさりし過ぎていて酸味のトゲがあると感じます。

今回はサラダ油大さじ1/2を入れて、全体を仲良くします。よそよそしかった豆サラダ全体が油で一気に仲が良くなります。ツナのオイルをいれちゃったツナ好きの人はサラダ油は不要だと思います。あと、オリーブオイルは味と香りが強すぎるのでこの料理にはやめたほうがいいと思います。

さらにもっとまろやかさが欲しい、という方はマヨネーズを入れるのも良いでしょう(多分本家には入ってないですが)。風味が出ない程度に、まろやか強化要員として頑張ってもらいます。

DSC04624

マヨネーズを入れるならほんのちょっと。

ここまでやって再度味見して、塩、レモン汁で最終調整してください。

9.最後に盛り付けて、青ネギ、黒こしょうをかけて完成!

お皿に盛り付けて、最後にが青ネギと黒こしょうをかけます。それぞれ、見た目と香りに重要ですね。
この青ネギの存在感が大変Goodですので、必ず入れてください。

DSC04629 DSC04636

 

以上です!材料がそろえばとても簡単なので、おうちでぜひ!ガルバンゾー!


「笠置そば 深川店」の「できたて」への強烈な意欲

東京、門前仲町駅から歩いて10分くらいのところに「笠置そば深川店」という立ち食いそば屋がある。

IMG_4772.JPG

なんの変哲もない外観だが、一部では名店、と呼ばれることもあるほど人気だ。その理由はこの店の「できたて」へのこだわりにある。立ち食いそば屋は基本的にスピードが重要。そのスピードを落とし、作り方にこだわる。その姿勢が他の立ち食いそば屋からこの店を際立たせるものになっている。

私は近所に住んでいてこの店によく行くのだが、先日この「できたて」へのこだわりをしみじみと感じる事ができたエピソードがあるので以下に紹介したい。

#

笠置そば深川店の朝は早い。6時45分には店を開け、白髪混じりでいい顔をした店主が1人、無駄のない動作で働いている。少し早起きして開店一番乗りで店に入った私は店主に「天玉そば」と注文した後、かなり腹が減っていることを思い出して追加で鮭のおにぎりを注文。

「天玉とおにぎり鮭ねッ」

店主の復唱はとてもフレンドリーでいい声だ。しかし、それを言い終えた途端、仕事の姿になる。目が、動作が、まさに「そば屋の始動」という形で豹変する。
素早い手つきで箱から生麺を引っ張りだして茹で始める。続いてボウルに仕込んだかき揚げを形を整えながら油に投入。丁寧だ。

20140329-163757.jpg

麺が茹であがれはキリッとした冷水で締め、キレイなお湯にさっと潜らせて丼にイン。

すかさずフライヤーに行き、かき揚げを油から上げる。まだまだ高温でシュウシュウと音をたてているそれを麺に乗せ、かき揚げを入れることに最適化した程よい甘さの汁をかける。高温の揚げ油と汁が混ざってじゅわわわっと気持ちの良い音がする。

最後に玉子をポイと入れ、店主、真顔をやめて笑顔で「あいよっ」とそばを出してくれる。

なんかこの瞬間、説得力のある「そば出来た感」が襲ってくる。「あ、そば、出来たな」って深く感じるのだ。いや、そばが出来る、それはどの店でも起こっている事象だが、「そばが出来たな」と感じる店はそんなにない。わかりづらくて申し訳ないとは思っているが、まあそうなんだ。

IMG_4777.JPG

もちろん、普通の立ち食いそば屋に比べると、出てくるまでに数倍時間がかかるが、急ぐ時は別の店を使えばよいのだ。どこでも急ぐ必要はない。なんせこの店の特長はできたてだ。

さあ頂きます。うん。「できたて」であることが活きている。麺は独特のツルコキッとした食感が楽しい。揚げたてのかき揚げはザクッとしつつ、その風味をそばのつゆに落としていき、汁がどっしりしたものになる。表面に浮かぶ頼もしいキラキラ油を見る。舌よ、アレがパリの灯だ。うーん、こりゃなかなかおいしいね。

といった感じで、天玉そばを堪能していると、奥から「アチッ、アチッ」という声が聞こえて来た。

何だ?っと思って奥を見るとおやじが鮭おにぎりを握っている。おにぎり用容器を使用しているが、ごはんは炊きたてで容器越しでも猛烈に熱いらしい。

この店、おにぎりまでできたてかよ。

店の中、私とおやじと二人きり。おやじのアチッ、アチッっていうつぶやきにそばをすする音で返す。俺達のウィンブルドン決勝のラリー。アチッアチッ、ズッズッ。アチッアチュッ、ズズズゾゾゾ。

最後まで食う者作る者の交歓を繰り返しながら海苔を巻いて出来上がりである。どうぞ。

20140329-163808.jpg

おにぎりはとても熱かった。海苔が蒸気で瞬時に湿る。その熱さに私は店主の出来たてへの情熱をみた。猛烈に熱くて食べにくいくらいだ。でも、いや、まあうまい。いや、熱い。

強烈なできたてと格闘しながらようやく食べ終えて、ごちそうさま!と丼をカウンターに上げる。店主に背中を見せて暖簾をくぐりながら思ったのは

「おにぎりまで出来たてにせんでも」

だ。しかし、その過剰さが愛される要因なのかもしれない。普通に考えるとそばを茹でる2分くらいの間におにぎりを作っておけばスムーズなんだろうけど、たぶんあれだ。熱すぎて間に合わないからそばの後にしてるんだな。なんだかその感じがいいな。

#

とまあ、過剰なまでに出来たてにこだわった笠置そば深川店、是非足を運んでみてください。


初秋堪能レシピ 秋刀魚と香味野菜のタイ風味

DSC01665-001

9月も半ばになりました。

この時期になってくると目につくのが秋刀魚。美味しいですよね。焼いてよし、揚げてよし、刺し身によし。安いわ手に入りやすいわで、優れものぞと街中騒ぎますよね。

そんな美味しい秋刀魚ですが、たまにはちょっと趣向を変えた食べ方はいかがでしょうか。いえいえ、そんな飛び道具じゃありません。実直で、どなたにも美味しい比較的チャンバも走るレシピだと思います。ではどうぞ。

総料理時間:15分くらい
難易度:かんたん

材料

  • 秋刀魚 1尾
  • みょうが 3個
  • 大葉 10枚くらい?(結構多め)
  • 塩 適量
  • タレ
    • ナンプラー  大さじ1杯
    • レモン汁 大さじ1杯
    • 砂糖 大さじ半分

※辛いものがお好きならば、タレにプリッキーヌもしくは代用で青唐辛子などを1本程度使われるのが良いかと思います。プリックナンプラー(別のサイトです)を用意しておくのもいいですね。

1.タレを作る

DSC01652-001

ナンプラーとレモン汁と砂糖を混ぜます。ナンプラーとレモンと砂糖は2:2:1の比率が基本、と思っています。もちろん生のレモンを絞るのが好ましいですが、写真みたいなかんじのレモン汁でもいいと思います。
なお、この比率で作ったタレはニンニクを焦がした油と混ぜてヤムウンセン(タイ風はるさめサラダ)のタレにしたり、いろんなものに使えます。覚えておくと超便利です。

 

2.大葉とみょうがを細切りにする

DSC01653-001

大葉とみょうがは食感をいい感じで残すように、このくらいの細切りにします。

IMG_4559.JPG

なお、本日の大葉はこちらでございます。

 

3.さんまに塩をして焼く

DSC01659-001

焼き方は通常の塩焼きと同じです。特に分量はお伝えしませんが、後からタレをかけるのでこの料理用には気持ち塩を少なめにして焼くと良いと思います。味をなじませるため塩をしてから10分くらい置くことをおすすめします。中に火を通しやすくするために軽く切れ目を入れるというのもアリだと思います。

個人的にはこのレシピにはそこそこウェルダンで焼くのが良いかと思います。が、まあそこは好みです。

4.そのまま食べるのは我慢する

DSC01660-001

このレシピの一番の難関はコレだと思います。そのまま食べないように気をつけて!いや、食べてもいいけど、このレシピ的にそれは残念だから!

5.みょうが、大葉、タレをかける

DSC01661-001

みょうがと大葉をあるだけわっさりとかけ、その後上から全体にまんべんなく1で作ったタレをかけてください。

 6.できあがり

DSC01665-001

なんか、秋刀魚の布団みたいになっていますね。

DSC01667-002わさっと大葉・みょうがごとすくって食べてみてください。辛味をそんなに入れなかったらたぶん結構「和」でもあります。絶妙な組み合わせであると個人的には思っております。

お試しください!

 

補足:
タイ風、ということでパクチー(香菜)を使う、クラッシュしたナッツを入れる、甘みをスイートチリソースにする、といったものも考えてみましたが、個人的にはなんか違いました。タイに寄り過ぎないほうがいい。この組み合わせがよいと結論づけました。
ただ、上述のヤムウンセンに使うにんにく焦がし油。あれは結構合います。

 


京都の土産は三条京阪 伏見の鯖寿司(1500円)で決定ではないか?

DSC03612

(「伏見」は2016年5月末に閉店してしまったとのことです。本当に残念だよ!)

すみません、半年前から京都に仕事でちょこちょこ通うようになった初心者の30代男が申し上げております。

京都に行った際に、自分や家族向けの土産を探すと結構途方に暮れます。京都の和菓子はとても充実しているのですが、甘いものがそんなに好きではない私はあまり心惹かれない。そうすると漬物とか昆布とかちりめん山椒とか、と小物系に走ってしまいがちです。もちろんそれもいい。でも自分向けのおみやげはもっとなにかこう、

  • ドーンとした実体があり
  • 食卓が華やぎ
  • そこでしか買えない

もののほうが心を揺さぶります。そういった3点を満たすものを、ありがたくも見つけましたよ、という話です。

居酒屋好きの間ではとても有名(それこそ東京もんの私が知っているくらい)な「伏見」というお店が京都は三条京阪のほど近くにあります。

20140410-175202.jpg

うまくて量の多い魚と強い個性のあるおかみさんが名物ですが、こちらで飲んでると、その個性のあるおかみさんがやってきて、だいたい以下のやり取りが展開されます。

「鯖寿司1本持って帰りますか。」(淡々とした関西イントネーションのかすれ声で読んでください)

ここで悩んでいると、

「いる、いらない、どっちですか」(同上)

と来る。そこで「んー、すみませんやっぱりいらない」と言うと

「1本はいらない。そしたら、2貫ほど食べて決めなはれ」(仁鶴っぽいイントネーションで読んでください)

で、まあ「そこまで言うなら・・・」と折れ始めると

「まあでも1本買うて、そのうち2貫をここで食べる方が得ですよ」(仁鶴っぽいイントネーションで読んでください)

「えっ?えっ?」

「はいー、鯖寿司1本、2貫ここで食う~」(厨房へ)

果たして、このDoor in the faceテクニックとFoot in the doorテクニックを巧妙に組み合わせた営業トークでビニール袋に鯖寿司を持って帰るおっさんが後を絶たない、というわけです。

 さて、この鯖寿司。1500円です。高いか安いかは皆さんの判断にゆだねます。京都で有名な「いづう」の鯖寿司は1本4500円くらいします。柿の葉寿司は14個で1800円。鳥取は米子の吾左衛門鮓は1800円。ふむ。

DSC03617

こんな感じの外観です。

DSC03614

中身は10個に切ってあります(見栄え悪くてすみません)。鯖の厚みはなかなかのもので、とても脂がのっています。酢の締め加減もちょうどいいし、昆布のうまみがじっとりと、そしてしつこくなく浸み込んでいる。まあ、より丁寧に説明するなら「結構うまい」ということになります。1つ1つの食べ応えがあり、サッとした食事にも申し分ない。

さらには食卓にあのがめついおかみの顔が浮かぶわけです。交渉に負けた己の弱さに苦笑いをしながらむっちりとした鯖をかじるのも悪くないものです。「交渉に負けたけど、鯖寿司はうまいから俺は勝負に勝ったの!勝ったんだって!」と虚しく叫ぶのです。どうですか。このイベント性。これこそがおみやげではないか?

なお、おかみによると日持ちについては、「日本基準では明日までに食べて。中国人やったら2日後まで大丈夫言うよ」とのことでした。私は中国人基準で食べきります。当然早めに食べたほうがおいしいですが、量が多いので結構残ります。ちなみに、通常は冷蔵庫には入れない方がいいです。固くなるので。夏場はまあ、どうにかしましょう。

ということで、伏見の鯖寿司おすすめさせていただきました。京都は内陸ということで、若狭などから日持ちのするしめ鯖を運んでおり、大変珍重されていたと聞きます。まあ、そういうゆかりなども含めて鯖寿司、いかがでございましょうか。

なお、お前は分かっとらん!京都の土産はこれやろが!というご意見があったら、ぜひコメント欄などにてご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いします。


「ささの葉」はおそらく吉祥寺で一番おいしい店だ

DSC01365

西荻窪に4年間住んでいたので、吉祥寺を含む飲食店にある程度通ってきたのですが、この「ささの葉」というところは他の店にはない風格と特異性と愛嬌にあふれる、とても楽しい店です。

年間数百軒の飲食店で飲食と散財を繰り返す某氏に紹介いただき、数年前よりしばしば通うようになりました。その方によれば、この店は「15年吉祥寺で飲み歩いている中で、最もうまい店」で、その言葉に異論はないなあ、と思います。

場所はハモニカ横丁のどん詰まり。駅から歩いて3分くらいでしょうか。場所は詳しく書かないので、是非探検を楽しんでください。
カウンター8席くらいと、この下の写真でおっさんが座っているテーブルだけという狭い店です。扉はなく、ふきっさらしです。正直、近くを通りがかっても入る度胸は出ないタイプの店です。

20130814-000557.jpg

別の日のささの葉

この日は19時オープンに合わせて店に行きました。マスターは奥にどうぞと勧めてくれますが、いったん奥に入ってしまうとお手洗いに出るためには店にいる皆様にご退場願わなくてはいけないくらい狭いので、いささかトイレ頻度の高い私の要望で表のテーブルで乾杯です。

ちなみに、7時も10分くらい過ぎるとこのカウンターは一杯になっていました。1人客、2人客が多いですね。

20130826-2

ちょっと写真を拝借して店内

ビールはエビスだけです。ワイングラスで飲みます。

DSC01366

この店、メニューは全くありません。カウンターに乗っているものを「これは何?」「これください」とコミュニケーションしながら注文していくスタイルです。

さっそくカウンターにある保冷ケースから刺盛りを2皿選んで注文。値段は不明です。たぶん1000円~2000円の間ではないかと思いますが、この後の状況を見ればそういった勘定は全く意味のないものになることが分かっていただけると思います。

DSC01369

本日の内容は、マグロ脳天、赤貝、アワビ、そしてはまぐりの刺身(!)。

写真ではよくわからないかもしれませんが、一般のお店の3~4人前くらいの刺盛りに相当する量がみっちりつめ込まれています。盛り付け、という概念はあまりありません。刺身を食べる醤油は東と西を選ぶことができます。「西」は九州の醤油ですのでべらぼうに甘いです。一般的な方は「東」を選択されるのが良いかと思います。

今回の刺盛りではまぐりの刺身というものを初めて食べました。ちょっとびっくりするくらい美味しかったです。言ってみればあれです。はまぐり味満載のじゅるっとした物体でした。はまぐりなので当たり前ですが、まあ、なんというか、そういうことです。

次にマスターから「アナゴあるよ」との宣言が出たので、白焼きを注文。焼きたててジクジクと脂が跳ねる白焼きがやってきました。一緒に来た友人の顔にかざしました。値段は不明です。マスターは状況に応じて人数分盛ってくれます。きりっと塩が効いて脂がしっとりと乗っていてたまりません。

20130814-080512.jpg

そうこうしていると、今度はさといもに筋子がかかったやつが出て来ました。値段は不明です。これは同行者オススメだったのですが、正直こんなの食べたことないので戸惑いました。食べてみると、さといものじゅるっとしている加減が筋子の塩気を引き立てる、大変計算された食べものでした。圧巻です。

DSC01373

正直もうちょっとちゃんと写真を撮りたかったけど一瞬で無くなった

食もひと段落したところで、ビールをひたすら飲んでいたらししゃもが出てきました。値段は(略)。誰も頼んでいませんが酒のつまみにちょうどいいです。

DSC01376

お酒メニューもありませんが、ビール、日本酒、棚にかざってある焼酎、紹興酒などがあります。たぶんチューハイとかはないです。ビールはたぶん、注文した本数はお店で全くカウントしてないのではと推測しています。最後に分かります。

DSC01405

これはサービスで出てきた、モツをどうにかしたやつにトマトを添えたやつ(仮称)です。値段(略)。これもやはり考えられています。炒めた味の濃いものとトマトの組み合わせは大変よいものです。なんというか、随所に店主のセンスとオリジナリティを感じます。
オリジナリティもエッと驚くような押し付けがましいものではなく、店主が必然性を持って選択したもので、食べる側は「ああ、納得」というものが多いです。

ビールはたぶん20本くらい飲んで、私は焼酎の三岳を4杯飲んでお会計で5名で20,000円でした。
これ、かなり安いと思います。

まあ、正直初見でこの店に入れる人がいたら本当に尊敬するくらい入るハードルは高いお店ですが、入ってみたらまあありましたよ、桃源郷。という感じのお店でございます。


ささの葉のビールはエビスだけです。


ささの葉でイチオシの日本酒です。

 

 

 

#

さて、ここでお店のレポートは終了して、この店を紹介してくれた吉祥寺で年間数百軒を飲み歩いているポックリボーイ氏のズボンを紹介します。

DSC01399 DSC01400

尻の部分に口があり、チャックになっていて開けることができます。聞くと「今年はこれで行く」と言います。「今年はこれで行く」。重い言葉です。

どうやってこんなズボンを探すのか?どこに売っているのか?と彼に聞いたところ、

「Googleで「ズボン 派手」で検索するんすよ!」

とのことでした。

正直私は目からうろこです。普通の人間は「ズボン 派手」とは検索しない。だからこのズボンの存在を知らない。ちなみに冬のコートも「コート 派手」で検索したものを購入したそうです。以下がその写真です。雷コーディネートですね。正直なところ、彼のこういうところは心から尊敬しています。

20130814-083518.jpg

DSC01374

ついでに、上記記事でアナゴをかざされた友人は地獄のミサワという名前で、「外人にマウスカーソルを当てると痰を吐く」ページが大ヒットして赤塚賞を受賞した気鋭のホームページ職人です。今やきゃりーぱみゅぱみゅさんと対談するなど大変有名になり、世界を飛び回っています。近年は結婚してイスタンブールで執筆活動をしているとか。私はもう10年以上前にホームページつながりで彼と知り合い、面白さとは何かについて夜通し話し合った仲です。

私はきゃりーぱみゅぱみゅさんのことが好きなので、ひととおり彼女の事を聞きました。初めて会った印象はどうでしたか、かわいかったですか、スリーサイズは何でしたか、など。ミサワは丁寧に1つ1つ答えてくれました。

DSC01396
78-56-82ッス

なお、誤解される方もいるかもしれませんのでちゃんとお伝えしておくと、彼はそういうことを言う人間ではありません。上記キャプションは私の創作ですし、基本的にここに書いた彼の情報はだいたい嘘です。

以上、よろしくお願い致します。