カテゴリー別アーカイブ: レシピ

エチオピア風「豆サラダ」のレシピ

東京は御茶ノ水と神保町の間に「エチオピア」という有名なカレー屋さんがあります。私も大好きなで長年通っているのですが、こちらで出てくる「豆サラダ」というサイドメニューが滅法美味しいです。

で、とにかくおいしいので真似してみたら、まあまあそれなりにおいしいものができたので、こちらにレシピとしてまとめました。

※当サイトのレシピはどこぞの店で食べたら美味しかった、ってのを真似してばっかりな気もします。本当に申し訳ない限りですが、エチオピア「風」ですからね。そのあたりは一種の愛情表現と捉えて頂きたく思います。あと、「エチオピア料理」ではないです。ごめんなさい。

では作り方ですよ。ガルバンゾー!

材料

  • ひよこ豆 1缶
  • レンズ豆 大さじ3杯
  • 玉ねぎ 半個
  • 青ネギ 少々
  • ワインビネガー 大さじ1
  • レモン汁 大さじ 1/2
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • サラダ油 大さじ 1/2
  • (お好みで)マヨネーズ 少々

所要時間

15分(玉ねぎで流した涙の量により前後する)

 このレトルトがおいしいかどうかは知りませんよ。

行程

 1.玉ねぎ半分をみじん切りにします。

切った後は辛味を取るため、水にさらします。

DSC04609

2.豆を用意します。

乾燥レンズ豆であれば大さじ3杯くらいを茹でて戻します(ここら辺は豆付属のレシピをご参照ください)。ひよこ豆も乾燥のものがありますが、缶詰が楽なので今回はそれで。ザルにあけてざっと水で洗ってください。優しくお願いします。

DSC04610

あるなら他の豆を入れても良いですよね。本家エチオピアは緑豆も入っているようですが、スーパーであんまり見かけないので今回は省略です。

 

3.ツナを投入

ツナの缶詰を開けます。油はツナのくどさを低減するため、全捨てです。神経質に油を全部切らなくてもオーケーです。ざっとね。

DSC04612

俺はツナが死ぬほど好きだ!ツナはあの油と一体となって初めてツナであり、油を捨てる奴は許さん!という方はどうぞどうぞ、そのまま入れて下さい。

DSC04614

4.みじん切りにして水にさらした玉ねぎを混ぜます

材料をすべて突っ込んだらあとは調味過程に入ります。

DSC04616

5.塩を入れる

塩を入れます。加減は豆の状況によってかわりますが、1gくらいでしょうか。さらさら〜っと全体に。ひよこ豆、ツナと元の味が強いので控えめで良いと思います。

6.酸味をつける

そこそこ酸味をつけます。.ワインビネガー 大さじ1を投入。さらにレモン汁を大さじ1/2入れます。ポッカレモンでも良しとしましょう(偉そうにすみません)。

DSC04621

7.軽く胡椒をふります

提供直前にもう一度胡椒を振るので3振りくらい。控えめでオーケーです。
DSC04622

8.味見&最終調整

ここまでで味見して「オーケー!」という人はそのまま出して食べてください。個人的にはここまでだとちょっとあっさりし過ぎていて酸味のトゲがあると感じます。

今回はサラダ油大さじ1/2を入れて、全体を仲良くします。よそよそしかった豆サラダ全体が油で一気に仲が良くなります。ツナのオイルをいれちゃったツナ好きの人はサラダ油は不要だと思います。あと、オリーブオイルは味と香りが強すぎるのでこの料理にはやめたほうがいいと思います。

さらにもっとまろやかさが欲しい、という方はマヨネーズを入れるのも良いでしょう(多分本家には入ってないですが)。風味が出ない程度に、まろやか強化要員として頑張ってもらいます。

DSC04624

マヨネーズを入れるならほんのちょっと。

ここまでやって再度味見して、塩、レモン汁で最終調整してください。

9.最後に盛り付けて、青ネギ、黒こしょうをかけて完成!

お皿に盛り付けて、最後にが青ネギと黒こしょうをかけます。それぞれ、見た目と香りに重要ですね。
この青ネギの存在感が大変Goodですので、必ず入れてください。

DSC04629 DSC04636

 

以上です!材料がそろえばとても簡単なので、おうちでぜひ!ガルバンゾー!


初秋堪能レシピ 秋刀魚と香味野菜のタイ風味

DSC01665-001

9月も半ばになりました。

この時期になってくると目につくのが秋刀魚。美味しいですよね。焼いてよし、揚げてよし、刺し身によし。安いわ手に入りやすいわで、優れものぞと街中騒ぎますよね。

そんな美味しい秋刀魚ですが、たまにはちょっと趣向を変えた食べ方はいかがでしょうか。いえいえ、そんな飛び道具じゃありません。実直で、どなたにも美味しい比較的チャンバも走るレシピだと思います。ではどうぞ。

総料理時間:15分くらい
難易度:かんたん

材料

  • 秋刀魚 1尾
  • みょうが 3個
  • 大葉 10枚くらい?(結構多め)
  • 塩 適量
  • タレ
    • ナンプラー  大さじ1杯
    • レモン汁 大さじ1杯
    • 砂糖 大さじ半分

※辛いものがお好きならば、タレにプリッキーヌもしくは代用で青唐辛子などを1本程度使われるのが良いかと思います。プリックナンプラー(別のサイトです)を用意しておくのもいいですね。

1.タレを作る

DSC01652-001

ナンプラーとレモン汁と砂糖を混ぜます。ナンプラーとレモンと砂糖は2:2:1の比率が基本、と思っています。もちろん生のレモンを絞るのが好ましいですが、写真みたいなかんじのレモン汁でもいいと思います。
なお、この比率で作ったタレはニンニクを焦がした油と混ぜてヤムウンセン(タイ風はるさめサラダ)のタレにしたり、いろんなものに使えます。覚えておくと超便利です。

 

2.大葉とみょうがを細切りにする

DSC01653-001

大葉とみょうがは食感をいい感じで残すように、このくらいの細切りにします。

IMG_4559.JPG

なお、本日の大葉はこちらでございます。

 

3.さんまに塩をして焼く

DSC01659-001

焼き方は通常の塩焼きと同じです。特に分量はお伝えしませんが、後からタレをかけるのでこの料理用には気持ち塩を少なめにして焼くと良いと思います。味をなじませるため塩をしてから10分くらい置くことをおすすめします。中に火を通しやすくするために軽く切れ目を入れるというのもアリだと思います。

個人的にはこのレシピにはそこそこウェルダンで焼くのが良いかと思います。が、まあそこは好みです。

4.そのまま食べるのは我慢する

DSC01660-001

このレシピの一番の難関はコレだと思います。そのまま食べないように気をつけて!いや、食べてもいいけど、このレシピ的にそれは残念だから!

5.みょうが、大葉、タレをかける

DSC01661-001

みょうがと大葉をあるだけわっさりとかけ、その後上から全体にまんべんなく1で作ったタレをかけてください。

 6.できあがり

DSC01665-001

なんか、秋刀魚の布団みたいになっていますね。

DSC01667-002わさっと大葉・みょうがごとすくって食べてみてください。辛味をそんなに入れなかったらたぶん結構「和」でもあります。絶妙な組み合わせであると個人的には思っております。

お試しください!

 

補足:
タイ風、ということでパクチー(香菜)を使う、クラッシュしたナッツを入れる、甘みをスイートチリソースにする、といったものも考えてみましたが、個人的にはなんか違いました。タイに寄り過ぎないほうがいい。この組み合わせがよいと結論づけました。
ただ、上述のヤムウンセンに使うにんにく焦がし油。あれは結構合います。

 


瞬間レシピ ポテトサラダに黒コショウとモルトビネガーをぶっかけるとうまい

DSC00980-001

ポテトサラダっておいしいですよね。

あのマヨネーズによるどっしりしたコクと酸味、じゃがいものもっそり感、タマネギのシャックリ感。いいですね。副菜としても酒のつまみとしても重宝するメニューです。とはいえ、サラダという名前のワリに、構成する成分のほとんどがじゃがいもなので、まあ正直なところ野菜を採ったとは言えない、という欠点もあります。

これは、ミックスベジタブルが「ベジタブル」という名前のワリには野菜がニンジンしかないという実態を持っているのに似ています。両者ともに「野菜をとったつもり食」の代表と言えるでしょう。今後も「野菜をとったつもり食」界の動向について注視していきたいものです。

さて、そんなポテトサラダですが、大衆料理の傑作ということもあって、いろんなアレンジがなされています。かく言う私も、ポテトサラダを食べるときに必ずやる工夫があります。これは私がイギリスのパブに行った時になんとなーく思いついて、日本に帰ってきてから試して以来欠かせなくなってしまった、というものです。Googleで検索してみても誰もこの食べ方をしていないようなので、ここぞとばかりに紹介させていただきます。

大変刺激的でおいしいですよ。ではどうぞ。

1.まずはポテトサラダを作る
「オイ!ポテサラ作るレシピをさらせよ!」という向きもありましょうが、レシピは何でもいいのです。

ただ、出来るだけシンプルなものがよいでしょう。セブンイレブン等のコンビニで出来合いのものを買うのもよいと思います。自作のときは気持ち塩を強め、酢を入れるレシピだったら少な目にするとよいです。でも、まあどうでもいいです。

2.高めに盛る
セオリーですけども、高く盛るとなんだか美味しそうに見えます。
小さめの器に可愛く盛るのもいいですし、余白が程よく広い皿を使うのもいいです。ただし余白が広すぎるとおぼっちゃまくんの家のトイレみたいになりますので注意が必要です。

3.粒胡椒をかける
ペッパーミルがある人は一番粗めにして高めの場所からゴリゴリかけます。
ミルがない人はビニール袋等に粒胡椒を入れて、麺棒などの硬いものでガンガン叩きます。不思議なことに、憎い人のことを考えながら叩くとより強く叩くことができますので試してみてね!大きめの粒が残っているのもアクセントになってよいです。
粉々になったら高めの位置からパラパラ振ってください。

(ミル付です)

 

4.モルトビネガーをふる
モルトビネガーはあまりなじみがない方も多いかと思いますが、イギリスやアメリカでよく使われる穀物酢です。ビールを作るときに失敗するか、飲みかけのビールをほっとくことで出来る酢です。ええ。真に受けないでくださいよ。
イギリスではフィッシュアンドチップス等の揚げ物にかけることが多く、酸味とともにたいへん特徴のある香りがいっぱいに広がります。私の友人はこの匂いを「剣道場のにおい」とか「スメルズライクティーンスピリット」と評しています。つまり「結構くさい」ということです。

これをポテトサラダに5~6振りガッポガッポとかけます。

ちなみにモルトビネガーはハインツとサーソンズが有名ですが、サーソンズのほうがイギリスっぽい味のようです。ハインツは少し酸味が強いので、かけすぎると酸っぱくて食べにくくなります。ほどほどに。

というわけで完成!

DSC00980-001

まあ、ここまでダラダラ読んできたけど、実はタイトルの1行だけで十分説明されてね?と突っ込みたい方もいるかと思います。その時間を大切に思う気持ち、大事にして生きていってね!

もともとモルトビネガーはフライドポテトにかけたりもするので、揚げていないとはいえじゃがいもとの相性は約束されたもの。いつものポテトサラダが、イギリスのパブっぽいクセのある料理に変身したような気もしますよ。あと、ほぐしたコンビーフを最後に上に乗せるのもいいと思いますし、色のためにパセリを散らしてもよいでしょう。

居酒屋をやっている方はポテトサラダとコンビーフを縦にたかーく盛ったものに黒胡椒とモルトビネガーをかけて680円で提供するのもアリだと思います。その際は「シマントおじさんの辛くてすっぱいしあわせポテト やさしさたっぷりコンビーフ乗せ」と名付けてください。

というわけで、どうぞお試しください!


プジョーのミルは一種のアコガレですよね。3000円台とか安っ。


5分で出来る夏地獄レシピ 青唐辛子と香菜(パクチー)の和え物(老虎菜)

DSC00935   夏になりますね。

大黒摩季が、「夏が来っる~、きっと夏が来っる~」と歌ったのはかれこれ20年近く前になりますが、あれから皆さんにも夏が来ましたでしょうか?まあ、たぶん20回くらい夏が来ているのではないかと思います。

さて、夏が近くなると八百屋には青唐辛子が並んできますね。でも、これをいまいち何に使っていいか分からない、レシピを探しても何だかそそらない・・・という方も多いかと思います。

本日は、そういう方にオススメの、青唐辛子と香菜(xiāngcài:シャンツァイ)=パクチーを使った料理をご紹介したいと思います。夏の野菜が発する強烈な辛さと香りをそのまんま殺さず食べるワイルドな、まさに「夏地獄」とも呼べる料理でございます。私は神田にある「味坊」という中華料理屋さんでこの料理を食べてその旨さに衝撃を受けました。料理の名称は「老虎菜」といいます。

ちなみにこれは中華料理ですから、以下「パクチー」と呼ばず、敬意をもって中国語の「香菜」と呼ばせて頂きますよ。

巷ではなんかトッピングとしての役割ばっかり負わされている香菜、しっかり調理の対象になります!是非料理してやってください!

ではどうぞ。

用意するもの(1人分)

  • 青唐辛子 1本~2本
  • きゅうり 1本
  • 香菜 2株程度
  • 白ネギ(白い部分を5cm程度)
  • ごま油 (小さじ半分~1杯)
  • 塩 (1つまみ)
  • 化学調味料(1ふり~2ふり)

1.青唐辛子をサッと洗い、ヘタを切ってから、縦に切れ込みを入れて中の種をとる。
※種を取った手で目をこすると確実に泣けるので、泣きたい人にオススメ!

2.青唐辛子を斜めになるべく細く切る

meshi2

あんまり細くないけど気にしないで。

3.白ネギをやはり斜めになるべく細く切って水にさらしておく

meshi1

ネギはあくまで脇役なのでエグみをとってシャクシャク感を強調します。ネギ好きな人は水にさらさずにそのまんま食べてもいいけどね。

5.香菜をざーっと水で洗ってからそれなりの大きさに切る

meshi3

香菜はなるべく新鮮でパキッとしたやつを使ってください。

6.きゅうりを縦長に切る
きゅうり1本分を細めに、縦長に切ってください。大体1本分くらい入れていますが、好みでどうぞ。

7.材料をしっかり水きりしてください。
サラダスピナーがあるといいですが、ないならキッチンペーパーなどでしっかり拭きとって。これを怠るとベチャっとして美味しくないんです。

8.切った材料をボールに入れて、ごま油小さじ2分の1、塩ひとつまみ、化学調味料1ふり程度を加えてざっと混ぜてください。


調味料の量は参考なので、味見しながら塩気を好みのレベルに調整してください。ごま油も足していいですが、多すぎるとベタついてせっかくの風味が損なわれますので程々に。

9.盛りつけて完成!

DSC00935

ポイント

  • 化学調味料に抵抗がある方もいるかと思いますが、この料理に限ってはその信条は捨ててください。無いと「老虎菜」の味にならないです。
  • 作って時間が経つと塩で香菜がしんなりしてきてしまいます。そうなると美味しさは半減。ぜひ食べる直前に作ってください。
  • ひとまずこの基本の味を覚えたら、生姜の千切りを加えたり、レモンを加えたりしても良いと思います。

まとめ

所要時間は約5分。香菜の強烈な香りとほんのりとした苦さ、青唐辛子の容赦無い辛さ、ネギのシャキシャキ。それを仲良くまとめるごま油の風味。前菜として、ビールを流しこむお供に最高です。さあさあ、八百屋にパキッとした青唐辛子があるうちにこいつを作って食べてヒーヒー言いましょう!

 

関連記事
夏はこっちもいいぞ!
四川一の激辛料理!水煮牛肉のレシピ