カテゴリー別アーカイブ: 散歩

つげ義春「ねじ式」の「アッ!ここはもとの村ではないか」の場所に行ってきた

IMG_4414.JPG

8月も終わりになったあたり、男3人(サラリーマン2名と僧侶1名)で千葉は外房の「太海」に行ってきました。ここは高く切り立った崖に張り付くようにある古くて小さな漁港で、つげ義春の代表作「ねじ式」で出てくる町のモデルになったことで一部で有名です。

私は7~8年前くらいに1回訪れたことがあるのですが、その時は旅程の関係もあり、あまりじっくりと港を巡れなかったので、今回再チャレンジです。

都心から車で出発し、白浜の方をたらたらと回って行ったので、到着まで約3時間くらいでしょうか。

DSC01503

太海漁港はこんな感じのところです。家の密集具合が見て取れると思います。

DSC01518

町は静かで、ボートの「トントントントン」というエンジン音が大きく聞こえます。

DSC01539 トミオさんのものであることが痛いほど分かる一輪車もあります。

 

で、あっけない感じで、冒頭写真の「ねじ式」で機関車が登場する路地が出てきます。

nejishiki_013
ねじ式 013“. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.
※ 肝心の場所なのにまともな写真が撮れていなかったのでWikipediaからお借りしました。

ちなみに階段を登ったこの扉の先は完全に行き止まりで、機関車はどうあがいても出てきそうにないのが印象的です。あと、現在この階段の脇には「ねじ式」の絵が飾られていますが、その絵の紹介文は思い切り「つげ義」と誤記していて、町の人のつげ氏に対する温度感を痛いほど感じました。まあよそもんですもんね。つげを求めてくる私のようなのもまた。


DSC01537

太海の対岸には「仁右衛門島」という島があります。この島の唯一の住人、平野仁右衛門さんがその昔、都から落ち延びてきたイエス・キリスト、もとい、源頼朝をかくまったという伝説があるようです。平野仁右衛門さんは今もご存命で、こちらの島に暮らされています。というかこの島全体が平野仁右衛門さんの私有地なんだそうです。

この仁右衛門島へは渡し船(上の写真では標識の陰に隠れていますが)で渡る必要があります。渡し船料金は島の観覧料金とセットで1350円です。なかなか強気な価格設定です。だてに900年近く生きてませんね。

お盆期間中、「YAZAWAの2秒」くらいの金額を稼いだ僧侶を除いてお金がないので今回は渡りませんでした。

DSC01494

山側の路地に入ると、こういう高低差のあるクネクネした道が続きます。これは路地好きは確実に濡れることでしょう。人1人が通れるかという路地が民家の合間を縦横無尽に縫うので、人の生活の密度にドキッとします。さすがにこの道入っちゃまずいかな・・・と思う箇所もたくさんありますが、目立たないところに「ウォーキングコース」とか書いてあるので「歩いていいんだ・・・」と、ホッとするやらガッカリするやらです。

DSC01531

さらに歩いていると、全く用をなさない車庫がありました。「車庫に入れる」ということを哲学的な気分で捉えられます。

さらに先に行くと「白旗神社」という神社があります。こちらは源頼朝を祀った神社ですね。千葉の人は頼朝が大好きです。行くたびに思います。

まあ、とはいっても神社に登る階段が面倒で結局スルーしたため写真はありません。代わりに鴨川漁協のケースの写真をどうぞ。

DSC01478

 

DSC01526
現役なのかなあ?

DSC01500漁港を裏側に回ると遮るものなく太平洋です。

#

たぶん、つげ義春のファンならずともこういった景色を求める層というのは一定数いると思いますが、そういう人たちの思いをズバーンといい音立てて受け止めてくれる町なのだと思います。デートにはあんまりお勧めできないですが(出くわしたらムカつくから)、一人だったり友達とぶらぶら行くにはとてもいいところです。

この太海漁港に最寄りの内房線「太海」駅は「2012年度の1日平均乗車人員は69人。乗車人員を把握できる関東のJR駅の中で最も少ない」んだそうです。そんな駅前の風景もまた、行ってみたい理由にもなりますわね。


家から上野まで自転車で散歩しました

8月2日土曜日の午後、東京は36度を超えてうだるような暑さだったが、息子が外に出たそうだったので、自転車を駆って上野の科学博物館に行くことにしました。江東区の我が家から上野は約30分くらいの行程。

10分ほど走ると早速の誘惑。江東区の森下、駅のほど近くにかき氷屋さんがあります。

氷屋さんがやっているかき氷で、1つに山盛り入ってシロップもたぷたぷ入れて100円です。氷は大量。氷屋さんのおばさん、もといお姉さんが手でギュギュッとしているにも関わらず、フワフワでこれはおいしい。DSC01027

さすがに人気で、かつ1つ1つ丁寧に作るので少し並びます。これ以上人が増えるのは近所民として困るので、一番並んでいるところを激写し、皆さんの行きたい欲を減じます。

DSC01050

DSC01047
それにしてもカップがとてもキュートです。「ファンシー」は時間や距離を経ると変質していくものだと思う。

そのまま北上して両国橋を越えて、浅草橋近辺を経由。

DSC01054

柳橋からの眺めは東京三大「つい撮っちゃう橋からの眺め」案件の1つではないか。他、昌平橋。あと1つはそう、みんなの心の中にある。

DSC01055
元浅草あたりで「集中工事」という言葉が似合う光景を見つけました。

DSC01057
鳥越神社の向かいあたりにある普通より20円くらい安い自動販売機です。私はこういうDreamが好きだし、Dreamの捉え方としてしっくりきます。

DSC01061
いい感じの装テンがありましたので写真を撮りました。よく見るとそういった装飾テントや看板を扱う本業のお店です。なお、自転車の後ろに乗っている息子から「お父さん何を撮ってるの?」と聞かれたので「これはね。」まで言って説明が面倒になって口ごもりました。

DSC01068こういうのはまあ撮っちゃう。癖で。

で、そうこうしているうちに上野の入谷口界隈についたところで息子がスリープ。自転車を止めてゆったりと界隈の雰囲気を感じました。

DSC01071

DSC01073

手前の「ズッケロ~」は正しいフォントだと思うんですが、奥のカラオケ「グレーゾーン」は「間違ったフォント」だと思います。いや、間違っていて正しいんですが。分かりにくくてすみません。「ちゃお」さんに関しては判断保留です。なお、ズッケロ~さんはゲイバーだそうです。色味とフォントでなんとなくわかった。

DSC01075

おじいさんは 秀吉に入っていった。

DSC01090

とまあ、そんな感じで、寄り道しながら国立科学博物館につきました。常設展で十分です。

DSC01087

ホビットと対峙して、今日の散歩はクライマックスを迎えました。散歩報告は以上です。


鬼子母神から滝野川くらいを散歩しました

4月の休日のことになりますが、東京の北区、滝野川あたりにとても商店街が密集していると聞き行ってみることにしました。滝野川に直で行くのも癪なので、学生時代になんとなくフラフラと訪れていた鬼子母神界隈から歩いて北上することにしてみました。

 

DSC00062 DSC00063

参道あたりを歩いたらなんとなく満足したので鬼子母神をスルーです。都電荒川線のあたりをひたすら歩いて庚申塚駅までたどり着きました。だいぶ遠かったです。その間の写真を撮っていないことに関してはお察しください。

DSC00087

人と車の共存する商店街です。どちらかというと人のほうが強い。

DSC00072

とても信頼のおける店構え。

DSC00079

DSC00081

コンビ

DSC00090

パチンコ天国。その筋では有名なのだそうです。既に閉店していますが、この佇まいはすごい。

庚申塚の商店街を歩いてパチンコ天国のあたりから掘割交差点を向こう岸に渡ると、いつの間にか滝野川銀座通りに着きます。この道を真っ直ぐ行くと板橋にたどり着きます。

掘割ということは、つまり

20140528-233858-85138722.jpg

なるほど、人工の川だったんですねえ。(関東地震直前の地図より)

さて、このあたりから、噂に違わぬ怒涛の商店街ラッシュでした。

shoutengai

どこまで行ってもどこまで行っても商店街だ。とりあえずひたすら歩く。

20140528-221251-79971206.jpg

かわいいペットは可ですが、いのしし肉と鹿肉は美味でーす。(板橋駅付近)

途中、「石大神宮・飯井宮」というところがありました。

DSC00133 DSC00132

ボケボケしていて、ちゃんと写真で全容を捉えられていませんでしたが、なかなかすごいところでした。何がすごいかというと、ここのパネル。

ahiru

「昭和6年5月6日、断食修行を重ねて、その水行の凄まじさに「アヒル行者」の異名を取りし」

というのがすごい。それ以外の日本語が全く頭に入ってこないのもすごい。あと、「飯井宮」の読み方が「イイイグー」というのもすごい。

きつね塚通りというところに着きます。

DSC00109

 

DSC00110

撤去、もしくは移動

DSC00111

心もとない。

DSC00123

消し方

DSC00134

DSC00148

またひたすら歩いていると、突如緑道に辿り着きました。これもまあ川ですね。

DSC00161

こう、グニグニなっていた川を真っ直ぐにしたんだと思いますね。そのとき埋められた昔の川の名残がこれであると。予測だけで答え合わせはしません。

DSC00164

王子につきまして、そこからなんとなく思い立ってバスで北千住まで行って、さらにバスで南千住まで行って、自分の居酒屋ルーツである南千住大坪屋さんに行ってシメました。

こういう時に王子あたりの居酒屋でシメないのが我ながら甘いなあと思いますが、行きたくなったものは仕方がない。

DSC00179 20140528-221252-79972054.jpg 20140528-221252-79972370.jpg

相変わらず素晴らしい炭酸の栓の抜き方でした。


向島から京島あたりを散歩しました

東京都墨田区の向島から京島あたりを散歩しました。

色のつき始めている街ですが、相変わらず見応えのある景色がありました。

DSC00008

イイニク。肉になる者と胸に抱かれる者と。

DSC00002

パーマ朝、ビューティー朝。どちらかに決めきれなかったのか。

 

DSC00006

階段とその下、というのが好きだ。

 

20140428-001749.jpg

しばらく歩いておなかがすいたので、向島角萬へ行きました。行列はありませんでしたが、中に入るとちょうど満席。

20140428-001800.jpg

食べたのは冷やし肉南蛮(冷や肉)。ど太く雑で、べらぼうにうまい。おいしくなくてもうまい。

それからさらに北上して東向島のあたりまで。

DSC00013

近所の人はこの光景を見ると、「やっぱりカバンは井上だなあ」と思うのだろう。

 

DSC00022

東武線の踏切があいたら、彼らはこっちに向かってきて、通り過ぎて行った。

DSC00023

彼らが通ってきた道はこういう道だった。きっと毎日のようにここを通って、あの踏切を渡っているのだろう。

 

DSC00029

郵便受けが元気がなかった。

 

DSC00031

きっと住所表示を貼っていたのだろうけど、それが剥がれてのりだけが残ったのだと思う。

 

DSC00032

大小のふとんが自分の前に立ちはだかっていた。

 

 

DSC00035

横に対する信頼感を感じる家。

 

DSC00039

猫の居場所にペットボトル。

 

この後、酒を飲んで帰りました。