清澄白河 だるまに行く理由

東京の東側、地下鉄の清澄白河駅ほど近くに「だるま」という居酒屋がある。深川資料館通りにある古い店で、私は常連とまではいかないものの、個人的にはここ数年で一番通っている。自分の居酒屋欲を満たしてくれる素晴らしい店だ。

で、そのだるまがどうやらテレビ版「孤独のグルメ」で出てくるらしい。うむ、なんか分からんが悔しい。多分しばらく人が増えるだろうし、色も付くだろう。でもそれは仕方ないことだ。

そういうわけで、番組より一足お先に自分がなぜこの店に通ってしまうのか、その魅力をちょっとまとめてみたい。皆様の参考になれば幸いです。

理由1.安い

ビールの大瓶が450円である。これは東京ではなかなか安い。

居酒屋に行って瓶ビールを頼まない方も多いかもしれないが、633mlの頼もしさは居酒屋でこそよく分かる。1本でいい感じになれる。

さらには、刺身は日替わりで250円くらいからあり、妙にクオリティが高い。魚類が日替わりで安くてちゃんとうまい、というところはこの店が近隣住民に支持される非常に大きな理由だ。

IMG_3857.JPG
カツオ刺しはだいたい380円。大ぶりで圧倒的に新鮮だ。

IMG_3715.JPG
キス天も380円。さっくりとした衣とふっくらとした身が絶妙なバランスだ。幾分多めのししとうも嬉しい。っていうか多いな、ししとう!

他の品も基本的に量がしっかりしている。魚以外はすげえうまい、とかいうものはなく、うますぎない(ごめんなさい)。けど、カウンターにどかっと座ってビール大瓶1本とお通しと何か刺身を1品で、計1000円強で夜の組み立てを堪能することができるのが大変な強みである。

理由2.他に行くところがない

2つ目からさっそく消極的な理由になってしまったが、繁華街ではない清澄白河駅付近で夜11時30分までやっている居酒屋というのは殊の外少ない。また、日曜営業もやっており、輪をかけてここしか飲むところがない状態になる。静かな通りに煌々と光るこの店の明かりにおっさんたちが集まってくる。

煌々と光る明かりに吸い寄せられたおじさま達で店はいっぱいだ。

理由3.メニューの短冊が圧巻である。

 

だるまの短冊。写真が不自然で申し訳ない。

メニューは多い。刺身、天ぷらをはじめとした和食からサーロインステーキ、グラタンまである。多くの人のワガママな食欲を満たすことができる体制になっていると言ってもいい。そんなこの店のレギュラーメニューは画用紙に書かれ、壁一面に貼ってある。壁一面の食べものの名前。これが実に圧巻だ。

理由4.日替わりのお通しが、心がこもっているのかこもってないのかよく分からない

この店は日替わりのお通しがある。200円である。これがいい。おいしいかおいしくないかは問題ではなく、ぞんざいな存在感がすごくよい。一例を挙げる。

IMG_4963.JPG
比較的アタリの日はこういう煮物がでてくる。心の中で静かにガッツポーズをするとともに何からどう攻めるか計算を始める。

IMG_5610.JPG
ニュートラルなときはこういうのが出てくる。高野豆腐だ。

IMG_5102.JPG
ぬか漬けが出てくることもある。

IMG_3713.JPG
いわゆる桃屋あたりの穂先メンマ的なものが出てくることもある。

そして、これまでに出たお通しの中で最も素敵だったのが以下だ。

IMG_3853.JPG
お通しはこの店の誰にも分け隔てなく与えられ、老いも若きも男も女もコの字のカウンターで向かい合ってソーセージをくわえている。その可笑しさに気づいたとき、この空間に加担できてよかったな、と思う。

近年、世の中ではお通しを拒否するとかしないとかそういう話もあるみたいだが、私からはお通しは拒否するのではなく、体験する、ということを提案したい。

 

理由5. 新たな食の提案がある

この店に斬新な料理、というものはほとんどない。しかし、組み合わせの提案が新しい。オリジナリティとは既存のものを最適な形で組み合わせることによって生まれるのだということを再認識させてくれる。

IMG_3861.JPG
オニオンロールぱんを日本酒のおつまみに提案。

IMG_5928.JPG
隣の御仁はハムエッグにマヨネーズをかけて、それを日本酒でやっている。

IMG_3858.JPG
「焼カレードリアン」という料理はまだ怖くて頼んでいない。ドリアの誤りである可能性は99.99%であるかもしれないが、1年くらい「カレードリアン」という名前だったので、0.01%くらいは本当にドリアンが出て来る可能性もある。この店にはそれだけのポテンシャルがある。私はそれが怖い。

あと、ワインもあるが、メニューが多いといってもワインに合うつまみは、ぬ!(無いの意)。だから、ししゃもあたりで流し込む!

理由6.張り紙に誤字がないときがない

この店の張り紙はすごい。圧倒的な説得力と誤字力がある。

IMG_3862.JPG
  維持しますもで。

IMG_5104.JPG
今回は誤字はないかも!と思わせてからの「ビンゴゲーメ」に店先で崩れ落ちた。やりたいよ、ビンゴゲーメ!
IMG_3837-0.jpg「申し訳御座いますが」というパワフルな押し切り感は活用したい。

このような誤字は、定型の言葉にはない原始的なコミュニケーションへの意欲を感じさせてくれ、一気に親近感が増してくるのだ。

まとめ 

IMG_4816-0.jpg 

夜になるととても静かな通りに、この店の紺色の暖簾が深くかかっている。中を覗き込まないとどんな店かも分からないところだが、覗いてみるとおっさんたちがみっちりとコの字カウンターを囲み、そこそこ年のいった若者グループが手前のテーブルを埋める。きっと何かいいかもな、と思えるはず。

これからの季節、この店から出て、商店街で秋の夜風を浴びると気持ちよいだろうなと思う。この記事を読んでいただいた方がのれんを覗き込んでみてもらえると紹介者冥利につきます。ちなみに、私は落ち着いた頃にまた行きます。

店主はスマートフォン利用。使い方を客が教えている。


「みたままつり」ポスターのモデル女性に関する傾向と将来予測

いつもお世話になっております。7月の雨が上がって一気に暑くなり、夏も来た感じがしますね。夏といえば祭。今年もいろんな祭が各地で催されます。

その中でもいろいろ言葉に気をつけなくてはいけない特殊な祭が東京は靖国神社で行われる「みたままつり」です。

靖国神社だけにいわゆる「英霊」を慰めるために毎年つのだ☆ひろが奉納演奏をしたり、江戸芸のかっぽれがあったり、マメ山田先生が芸をしたり、つのだ☆ひろが奉納演奏をしたりします。今年は7月13日〜16日まで行われているようです。

そのみたままつり。祭自体は特殊なのに、ポスターはやはり一般の方を集めようと比較的キャッチーなんですね。駅などにバンバン貼られているのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

今年は以下のような感じです。

第69回(2015年) 小芝風花クン 

魔女の宅急便実写版でフレッシュな演技を見せてくれた小芝風花クン(「クン」付けは1度やりたかっただけなのでご容赦下さい)。なかなか旬の女優が出てきますね。

個人的には久々の「危険ドラッグ ダメ。絶対。」顔、もしくは「困ります。自転車置き去り。知らん顔」顔の逸材が出たなと感心しております。これからの活躍が期待できます。

英霊に旬の女優。なかなか見応えのある組み合わせではないですか。これを見た方は過去にどんな方がポスターに出てるのか興味が出てきましたよね。出てきましたよね?

というわけで。ここでネット上で辿れる範囲で過去にどのような方が「みたままつり」のポスターに出ているのかレビューしてその傾向と対策について議論してみましょう。最後に来年2016年のポスターは誰なのかも雑に予想したいと思います!
第61回(2007年) 乙葉クン

乙葉クン。胸部の巨大なグラビアアイドルとして、とても人気がありました。また、おっとりした性格にも人気があり、浴衣の美女として選出されるのも頷けます。こんな女子とまつりに行きたい。そんな欲望を喚起させますね。

とはいえこのポスターは2007年時点。すでにグラビアアイドルとしてはベテランの域。というか、確か2005年にご結婚されて、このころには一児の母ではなかったかと思います。何だろう。カップル・ファミリー向け人選なのでしょうか。翌年のポスターをレビューして傾向を合わせて考えてみましょう。

第62回(2008年) 藤崎奈々子クン

2008年というと、京都に「藤崎奈々子は豚骨ラーメン」が開店した年です。また東京の水道橋にも続けて「醤油ラーメンなら藤崎奈々子」が開店しました。私も後者には一度行ったことがあります。背脂たっぷりのホープ軒とか弁慶に近いラーメン屋さんでしたね。悪くないと思いましたよ。

それはともかく、藤崎奈々子クンは元々ビジュアルクイーン出身で、グラビアも精力的にこなされてましたね。おしとやかでふわっとしたイメージ、そして積み重ねられたキャリア年数は乙葉さんともやや被るところもあります。やはり、これは「癒し系グラビアアイドル」の流れですね。納得です。

第63回(2009年) 見つかりませんでした

すみません、私の探し方が悪いのか、見つけることができませんでした。

第64回(2010年) 原幹恵クン

原幹恵クンも非常に胸部の盛りが豊かな方です。かなり精力的にグラビアで活動されていたと思います。この2010年においてもおっとりしたグラビアアイドル路線が強固に守られており、担当者の一貫性を感じて好感が持てますね。ヤンジャンとか読んで決めてそうですよね。


第65回(2011年) 渋谷飛鳥クン

2011年は渋谷飛鳥クン、国民的美少女コンテストでグランプリ入賞。えなりかずきの彼女や映画版デビルマンへの出演で一躍名を上げた方です。

ここは「みたままつり」ポスターの大きな転換ポイントですね。

グラビアアイドルじゃない、そして胸部の盛りが豊かすぎない。知名度も抜群、というレベルではない方が出ることにより一気に流れが変わり、翌年以降の展開が読めなくなってきました。前回との原幹恵クンとの関連性を探ると所属事務所がオスカーということですね。ここらへん、事務所が抑えたのでしょうか。翌年への流れが注目されます。

第66回(2012年) 剛力彩芽さん

大物が来ました。とは言っても2012年当時のゴーリキークンはちょうどランチパックのCMに出始めたりと、これから、という感じの状態。その後のご活躍は皆様もご存じの通りで、-110年後の1902年にはロシア戯曲の金字塔「どん底」を上梓し、プロレタリアート文学を確立していきます。

それにしてもこう改めて見ると、やはり特殊な造形をしている方だなあと思います。美しいかそうでないかでいうと「なんかスゴい」という感想です。私は好きですね。まだまだ活躍を見たいです。

と、個人の感想はさておき、ゴーリキークンはその名前も相俟って、みたままつりの物語性を強化しそうな感じです。オスカー所属なので、これで3年連続オスカーということになりますね。このままみたままつりはオスカーの独壇場になってしまうのか!次年のポスターは誰だ!

第67回(2013年) 西舘さをり さん

と、盛り上げておいて申し訳ないのですが、恥ずかしながら今回調べるまでこの方を存じ上げませんでした。モデル、女優としてキャリアを重ねていた方のようです。ゴッドタンで活躍していらしたんですね。所属事務所はClaudiaというモデル系事務所なので、ここでオスカーの流れが断ち切られています。

とはいえ、原幹恵クンまで受け継がれたグラビアアイドルの流れはもはや完全に消え、スレンダーで健康的、モデル系のイメージにシフトしていってますね。
第68回(2014年)  尾花貴絵クン

2014年 第68回 靖国神社 みたま祭り 尾花貴絵

こちらが2014年の方です。この方もモデルの方のようですが、やはり不勉強のため存じ上げませんでした。こうなってくるともはやモデル系で攻めてくるのでしょうか。しかし、この方も所属事務所はオスカー。みたままつり返り咲きです。2015年の小芝クンもオスカーですので、圧倒的なみたままつり攻略力が光ります。おめでとう!

#

ということで、過去8年の傾向を見てまいりました。当初はキャリアの豊富なグラビアアイドルでしつこく攻めていたのに現在の傾向はずいぶん変わっていますね。ここ数年の傾向から、

・オスカープロモーション所属
・モデル系 もしくは 現在売出し中の若手女優
・スレンダーな方
・比較的マジメ方面。チャラくない。固め。

というところまで絞り込めると思います。

ということで、以上の結果からさっそく来年度2016年度のみたままつりポスターの女性を予測したいと思います!とはいっても私はそんなに女優やアイドルに詳しくないので検索して各種情報を総合して彼女にいたしました!

吉本実憂さんです。

国民的美少女グランプリ2012に輝き、第85回記念選抜高等学校野球大会で大会史上初の「センバツ応援イメージキャラクター」に選出。しかもオレオのCM出演。これはだいぶカタいです。なんせオレオですからね。オレオ感あふれる女優は安心して靖国に出せようものです!

外れたら謝りますが、当たっていたらほめてください!

というわけで、皆様もぜひ予測をエンジョイしてください。今後ともよろしくお願い申し上げます。


ブンセン株式会社の沿革を見て体のこわばりをなくそう!

ブンセンロゴ

関西以西の方はご存知の人が多いかと思いますが、海苔の佃煮などで有名な「ブンセン」という会社があります。以前、当サイトで「ブンセン株式会社の佃煮の奇抜なネーミングを批評する」という記事を書いたことがありますが、まあ、びっくりするような商品ネーミングをする会社です。

例えばこのしょうゆは「ベロ」という名前です。1番売れているのりの佃煮は「アラ!」です。

こんな感じのブンセンさんですが、私もファンであるにも関わらずこの会社のことをちゃんと知りませんでした。ということで、ホームページを確認してブンセン株式会社 会社の歩みを覗いてみましたところ、商品名に続いて見事に体の力が抜けて崩れ落ちてしまいました。

大丈夫なのか。この会社。

いやいや、この名前こそがこの会社の原動力。とても興味深かったので、こちらで僭越ながら抜粋してご紹介したいと思います。

 

1934年 株式会社鳳(おおとり)商店設立

最初はちゃんとした会社名ですね。

 

1961年 社名を「ブンセンしょうゆ株式会社」と改称

創業当時のラベル

醤油のブランドに寛永通宝の「文銭」を利用していたことから付けられたそうです。カタカナになるとなんだか印象が一気に変わりますが、リズムのあるいい名前ですよね。

 

1968年 家庭訪問販売子会社「コンチア株式会社」設立

いきなり来た。訪問販売だけに「コンチア」。「コンチワ」ではなく「コンチア」であるところにセンスを感じさせます。

「コンチア!コンチア株式会社です」

と言いながら訪問していたのでしょうか。是非我が家にも訪問に来てほしいですね。
「は?」と聞き返すこと請け合いです。

 

1970年 社名を「ブンセン株式会社」と改称

現在の社名ですね。しょうゆ以外の取り扱いも増えたので変更されたのでしょう。正常進化です。

 

1972年 進物部門子会社「株式会社 茶良さろん」設立

以前から販売していた進物セット「茶良」を中心に取り扱う会社だと思います。
名称は比較的まっとうな部類に見えますが、読み方は「さら」ではなく「ちゃら」なんですよね。

歌手のCHARAさんもこの進物から名前を取ったとか取っていないとか!

 

1977年 菓子部門子会社「株式会社 ベラボー島」設立。菓子製造を開始

「ベラボー」に「島」を続けるセンス。これはなかなか到達できない領域です。さらにはこれが会社名ですからね。これ以上何も言えませんね。

 

1978年 惣菜部門子会社「ネネー食品株式会社」設立。 惣菜製造開始

惣菜の会社のようです。きっと、ネネーっとしているからこの名前なのではないかと思います。
ネネーっとしているのがどういう状態なのかはわかりませんが、そうに違いないです。

 

1979年 米飯部門子会社「ニギー食品株式会社」設立。おにぎり製造開始

これは分かりやすいですね。おにぎりだからニギー。

おにぎりのニギーは若者の右手に同化して「シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…一番それに近い生物は、やはり人間だと思うぞ。」という名台詞を言いそうですが、それは寄生獣のミギーですね。

 

1980年 日配惣菜部門子会社「ネネー食品株式会社」を「ワンデー食品株式会社」と改称

やはり「ネネー食品」はあまりにも攻めすぎていたのか、2年で改称です。

惣菜なので1日しか持たないゾ!というメッセージを込めた社名でしょうね。トゥーデイズ後に痛んだ惣菜を食べさせないやさしさを感じます。

 

1983年 菓子部門子会社「株式会社 枯山水」設立

突然枯れましたよね。

 

1984年 菓子部門子会社「株式会社 ベラボー島」を「ベラボーのお菓子株式会社」と改称

やっぱり「島」が分かりにくかったのでしょう。「ベラボー」だけ残りました。

 

1984年 日配食品部門子会社「ヌーボー食品株式会社」設立

今度は同じ「ボー」でも「ヌーボー」です。アールヌーボーとかのヌーボーでしょうか。この会社のことなので違いそうな気がします。なお、この後、福岡ヌーボー、東海ヌーボーと広がっていきます。好調だな。ヌーボー。

ヌーボー食品(株)

ヌーボー食品の店頭

1986年 業務用部門子会社「株式会社 御一同」設立

すごくずらっと並んでそうな感じがします。業務用ということで、かしこまった感じのイメージですね!好感!

 

—–

 以上、大変興味深い沿革でした。現在のグループ会社を改めて並べてみると…

  • コンチア株式会社
  • 株式会社 茶良さろん
  • ニギー食品株式会社
  • ワンデー食品株式会社
  • ベラボーのお菓子株式会社
  • 株式会社 御一同
  • ヌーボー食品株式会社
  • 株式会社 枯山水
  • 東海ヌーボー食品株式会社
  • 福岡ヌーボー食品株式会社

…200名くらいの会社にしては子会社が多すぎるような気がします。もしやブンセンさん、会社名を付けるためだけに会社を作っていませんでしょうか。そんなはずありませんよね!

ともあれ、お店でこれらの会社の商品を見つけたら、きっと買ってみることでしょう。なぜなら名前が変だからね!

 


炊飯器の寿命

我が家の炊飯器は8年間使ってきたが、最近はうまく炊けない事が増えたり、炊き上がりに流れるアマリリスの調べが森進一調のハスキーボイスになってしまったので捨てることにした。

台所奥の一番上のコンセントは彼の長年の定位置だった。そこから電源プラグを抜いて、代わりにきた新品のイカしたやつに差し替える。台所から納戸に置き場所を変更し、粗大ごみ手続きを待つ。

とはいっても粗大ごみ手続きが面倒で1ヶ月くらい放置してしまった先日、久しぶりに納戸を開けると、炊飯器はいた。内蔵電池で正確に時間を刻んでいて、まだまだ現役の液晶にしっかりと現在時刻を表示していた。死してなお目を開けている人のようで、そっと液晶を上から下に撫ぜた。