2014年に聴いた曲とその聴き方

11月も下旬に入り寒くなってまいりました。まだ12月に入ってもいませんが、少しずつ夜の寒さがこたえるようになってくると頭の中の腐葉土で総括の虫が蠢き始めます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

趣味の1つが音楽鑑賞なので今年も新旧問わずそれなりに音楽を聴いてみました。

30代を超えてくると加速度的に音楽を聴く態度は変わってきますね。依然好き嫌いはありますが、妙なこだわりの類が消えてきて心が楽です。よりバカになったのでしょう。

全然関係ない話をしますけど。私の趣味のもう1つが居酒屋に行くことなので古い居酒屋を紹介するTV番組とかたまに見るんですけど。いくつか出ては消え、結局今定着しているのは比較的先行していた吉田類の酒場放浪記くらいなもんでしょう。

他の大衆酒場を紹介する番組などは、個人的にはどうもしっくりこない。なんというか蘊蓄に寄り過ぎていてうるさいんですね。知の香りを漂わせてすごく面倒くさいものが多い。そういう面倒な知をアピールする番組じゃなければグルメに寄り過ぎたものばかり。旬の魚がとか酒の味がとか。まあ情報はありがたいですが、個人的には客観的にうまいものは興味がないのでどうも自然と拒否しますね。

吉田類はその点、そこはかとない痴の香りがしていいんですね。ただ居酒屋の場にいてビール飲んで「ムホッ」とか言ってる。説明も中途半端。これがまた「役に立たない」ことを意識したいわゆる演じるバカな感じでなく、ほんのりダメさが滲んでくる中途半端さがよいのです。一定の素晴らしいバックグラウンドや知識はおありなんだと思いますが、それを意識させない。圧倒的な空白。エポケー(響きだけ)。

きっとそれがあの番組においてうまく作用していて、居酒屋としての場、空間が際立つようになっている。それがたぶん支持に繋がってるんだろうな、と思いました。

吉田類に関してはニュートラルな感情を持っていますが、その点とても尊敬しています。

なんの話でしたっけ。ああ、はい。今年聴いた音楽。音楽に関しても、自分がだんだんそういった楽しみ方ができるようになってきたなあ、と思っているところなんですね。聴く自分をいくぶん透明にして、曲をスーッと体に通すというのが気持ちいい。それがたぶんきっと自分の性に合ってますね。

と、まあここまで前置きが長い時点でアレなんですが。

なんとなくここまでしぶとく読んだ人は予想がついていると思いますが、書いていて総括の虫が再び寝始めたので、また来年ですね。あと1ヶ月と来年もいい音楽に会えますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)