月別アーカイブ: 2016年6月

蟹が高級なものとは思わない

日本海側の蟹がよくとれるところ出身の妻は、「蟹が高級なものとは思わない」と言う。

なんで?と聞くと、「お父さんがキレイ好きで、」と始める。

「え?キレイ好きが何か関係あるの??」と混乱しながら聞くと、

「お父さんがキレイ好きで、でも蟹が好きで」と続く。まだ落着点が分からない。

「だから、食卓を汚したくないから、蟹を買ってきたら、いっつも流しに向かって食べていた」

と続く。なるほど、流しに向かって食べるメソッド。どんな高級なものでも見事に台無しにするメソッドだ。例えば想像してみてほしい。

  • フカヒレの姿煮をTOTOシステムキッチンの流しで食べる福原愛
  • 「うち、これ好きやねん」と言いながら、活きのいい明石のタコを、流しで手づかみで食べる藤原紀香
  • 流しでアワビに無心にしゃぶりつく東幹久

うむ、高級ではない。(なお、人選はランダムであり、悪意はありません)そして、このメソッドは何かに使える。

それにしても。娘たち家族の視線を受けながら、流しで背中を屈めてワシワシと蟹を食う義父の背中を想像すると、非常に愛らしいもののように思えた。横で一緒にビールを飲みたい。

今度実家に帰るときは蟹と桃を買っていこう。断じていやがらせではない。