月別アーカイブ: 2013年8月

ファミコンは、知らないおばさんに手渡された

31gNY2m2ZbL._SL220_

 

ファミコンを初めて手に入れたのは小学校2年生のときだったように思う。夏だった。

知らないおばさんが家に来た。手にはファミコン本体の箱を持っていた。あの灰色のにファミコンがどーんとなってるやつ。何かに包むとか、袋に入れるとかはなく、むき出しで持ってきていた。

私は玄関先でおばさんと二人で立ち話をして、ついにファミコンが自分のものになることに胸を高鳴らせていた。このことから、おそらく事前に私はファミコンが何をするものであるかということは理解していたようだし、「今日自分がファミコンを手に入れることができる」ということを知っていたのだと思う。

おばさんは私にその大きい箱を手渡して、「よかったね」と言って頭をなでた。ずっしりと重かったが、両手でおなかのところに抱えた。

そのすぐあとに私の母がやってきて、おばさんとなにやら「どうもどうも」と挨拶をしている。知り合いとかではなさそうだ。母とひととおりの挨拶を終えたところで、おばさんは私に

「ファミコンはカセットがないと動かないよ」

と言った。そんなことを全く知らなかったのでびっくりしている私を残して、おばさんはかばんの中から4つのソフトを取り出し、それらをトランプのババ抜きのように器用にダッと広げ

「どれがいい?」

と私に見せた。ここは映像として鮮明な記憶がある。左からテニス、ディグダグ、スーパーマリオブラザーズ、プーヤンだった。私は数秒ほど悩んでテニス、ディグダグを選択肢から外した。テニスは古そうだったし、ディグダグは何をするのか箱からはよく分からなかった。

プーヤンとスーパーマリオブラザーズは悩んだ。プーヤンは、豚が何かいい感じがした。「これはどんなゲーム?」とおばさんに聞いたが「豚が弓矢で打つらしいよ」としか教えてくれなかった。

スーパーマリオブラザーズのほうに目を向けると、キノコとカメの絵が何かもっとざわざわと賑やかな感じがした。そういうわけで、スーパーマリオブラザーズを選択したのだった。

母は家の軒先でスーパーマリオブラザーズのお金を払って、晴れて我が家にファミコンがやってきたわけである。

わけである。と簡単にまとめそうになったが、今考えてみると、あのおばさんが何だったのか、全く分からない。

普通は、親がプレゼントしてくれた大きい箱の包装紙を(中身は分かってるくせに)期待に胸を膨らませてバリバリ剥いて中身に「うわー!」と歓声を上げる、とか、おもちゃ屋に一緒に行って「ファミコンください!」と店の人に言うとか、そういうものだと思う。

当時はファミコンを行商するおばさんというのがいたのだろうか。とはいえ、もし行商するおばさんがいたとして、町のおもちゃ屋には普通にファミコンやいろいろなソフトを売っていたし、わざわざ行商を使う必要は無かっただろう。なんなんだ。あの4本のゲームの選定基準も気になる。

#

ファミコンを買った後、学校の友達の家に行ったらプーヤンがあった。いい機会ということでプーヤンをやらせてもらった。友達は「弓を打つタイミングが難しいんじゃけえ」と言った。操作をしながらあのおばさんの手にあったプーヤンを選んでいた場合の自分を想像した。

マリオを選んでよかったな、と思った。


ワープロ友達

散歩の収穫

DSC01476

自然が手伝って、より生首っぽさを高めている。

DSC01477

 

わかりにくいかもしれませんが

DSC01477-001

ぜんぶ「じっくりコトコト煮込んだスープ」

DSC01485

ふぐ、ワイン、スッポンなどが得意の高級店。

#

最近、飲み会報告のページみたいになってきていますが、先週の金曜日はワープロ仲間であるプチ日記の名倉さんと、とくお組の徳尾さんと、もち太郎さんと一緒に酒を飲みました。お店は前回の記事で報告したささの葉です。

名倉さんは私がワープロを始めようと思った直接のきっかけになった人ですごい人です。学生時代は同じ心理学を専攻しており、研究テーマも大変近かったので、飲んだ際に激論を交わさせていただくことも多かったです。
私が修士論文で精魂込めて書いた「友達を作るのがうまいと友達が多くなりやすい」という大変挑戦的な内容の論文を読み、「すごいですわ!真実ですわ!」と褒めてくださったのを今でも覚えています。名倉さんが昔研究テーマとしていた「ポジティブシンキングな人は比較的元気」という、これも学会の常識を覆すようなエキサイティングな論文に刺激されたことは間違いありません。

徳尾さんは「とくお組」という人気劇団を率いる脚本家で、もう10年来ホームページを拝見させていただいております。正直公演に足を運ばずホームページだけを見ているということに内心、盗っ人のような気持ちを感じている今日このごろですが、本当に見たい気持ちは強いのです、と、見苦しい言い訳をさせていただきます。なお、この日の飲み会で思い出しましたが、我々のファーストコンタクトは当サイトの「ふつうシンポジウム」という企画に素晴らしい投稿を送っていただいたことに始まっておりました。

もち太郎さんは肝臓が四国の形をしていることで有名です。

飲み会の話題は世界の食料不足問題、消費税増税の意義、乳首等多岐に渡り、大変楽しく過ごしました。

DSC01527ギョエテについて語る我々。

 

DSC01506 徳尾さんは写真を撮られるときに笑顔になれないらしいと聞いたので、早速「じゃあ、おもいっきりの笑顔よろしくおねがいします」と写真を撮ってみたらこれ。

それにしても名倉さんと飲むといつも感動してしまいます。全力で酔う。これこそ人間のあるべき姿なのではないかと思うのです。今回は「自分の乳首をみんなに見せる。とにかく見せる。」という行為をされておられましたし、蒙古タンメン中本では辛い!辛い!と言いながら北極ラーメンを完食され店内から満場の拍手を受けるという見たことのない空間を作り上げていました。

なお、私が体験した名倉さんの酔っての行動は他に
・「これが人口ゲロですわ!」と言って咀嚼したものをベロベロ出す
・居酒屋の席でビニール傘を開き「これがビニール傘を開くということですわ!」と言う
・さらにビニール傘を高速で開閉し、「この速さ、見たことないですやろ!」と言う
・ベロベロになって「これで酔い覚ましですわ!」と取り出した「ウコンのチカラ」を全部自分の服にこぼす
・「どうですのん、どうですのん」と言いながら私の胸を揉む。

などです。言葉にするとアレですが、私は酔う才能という言葉をなんとなく思い浮かべてしまいます。ワープロ仲間でよかったなあと心から思うのです。

なお、ワープロ友達というのは名倉さんの親御さんがインターネットで繋がった友達の事をさして言う言葉だそうです。


「ささの葉」はおそらく吉祥寺で一番おいしい店だ

DSC01365

西荻窪に4年間住んでいたので、吉祥寺を含む飲食店にある程度通ってきたのですが、この「ささの葉」というところは他の店にはない風格と特異性と愛嬌にあふれる、とても楽しい店です。

年間数百軒の飲食店で飲食と散財を繰り返す某氏に紹介いただき、数年前よりしばしば通うようになりました。その方によれば、この店は「15年吉祥寺で飲み歩いている中で、最もうまい店」で、その言葉に異論はないなあ、と思います。

場所はハモニカ横丁のどん詰まり。駅から歩いて3分くらいでしょうか。場所は詳しく書かないので、是非探検を楽しんでください。
カウンター8席くらいと、この下の写真でおっさんが座っているテーブルだけという狭い店です。扉はなく、ふきっさらしです。正直、近くを通りがかっても入る度胸は出ないタイプの店です。

20130814-000557.jpg

別の日のささの葉

この日は19時オープンに合わせて店に行きました。マスターは奥にどうぞと勧めてくれますが、いったん奥に入ってしまうとお手洗いに出るためには店にいる皆様にご退場願わなくてはいけないくらい狭いので、いささかトイレ頻度の高い私の要望で表のテーブルで乾杯です。

ちなみに、7時も10分くらい過ぎるとこのカウンターは一杯になっていました。1人客、2人客が多いですね。

20130826-2

ちょっと写真を拝借して店内

ビールはエビスだけです。ワイングラスで飲みます。

DSC01366

この店、メニューは全くありません。カウンターに乗っているものを「これは何?」「これください」とコミュニケーションしながら注文していくスタイルです。

さっそくカウンターにある保冷ケースから刺盛りを2皿選んで注文。値段は不明です。たぶん1000円~2000円の間ではないかと思いますが、この後の状況を見ればそういった勘定は全く意味のないものになることが分かっていただけると思います。

DSC01369

本日の内容は、マグロ脳天、赤貝、アワビ、そしてはまぐりの刺身(!)。

写真ではよくわからないかもしれませんが、一般のお店の3~4人前くらいの刺盛りに相当する量がみっちりつめ込まれています。盛り付け、という概念はあまりありません。刺身を食べる醤油は東と西を選ぶことができます。「西」は九州の醤油ですのでべらぼうに甘いです。一般的な方は「東」を選択されるのが良いかと思います。

今回の刺盛りではまぐりの刺身というものを初めて食べました。ちょっとびっくりするくらい美味しかったです。言ってみればあれです。はまぐり味満載のじゅるっとした物体でした。はまぐりなので当たり前ですが、まあ、なんというか、そういうことです。

次にマスターから「アナゴあるよ」との宣言が出たので、白焼きを注文。焼きたててジクジクと脂が跳ねる白焼きがやってきました。一緒に来た友人の顔にかざしました。値段は不明です。マスターは状況に応じて人数分盛ってくれます。きりっと塩が効いて脂がしっとりと乗っていてたまりません。

20130814-080512.jpg

そうこうしていると、今度はさといもに筋子がかかったやつが出て来ました。値段は不明です。これは同行者オススメだったのですが、正直こんなの食べたことないので戸惑いました。食べてみると、さといものじゅるっとしている加減が筋子の塩気を引き立てる、大変計算された食べものでした。圧巻です。

DSC01373

正直もうちょっとちゃんと写真を撮りたかったけど一瞬で無くなった

食もひと段落したところで、ビールをひたすら飲んでいたらししゃもが出てきました。値段は(略)。誰も頼んでいませんが酒のつまみにちょうどいいです。

DSC01376

お酒メニューもありませんが、ビール、日本酒、棚にかざってある焼酎、紹興酒などがあります。たぶんチューハイとかはないです。ビールはたぶん、注文した本数はお店で全くカウントしてないのではと推測しています。最後に分かります。

DSC01405

これはサービスで出てきた、モツをどうにかしたやつにトマトを添えたやつ(仮称)です。値段(略)。これもやはり考えられています。炒めた味の濃いものとトマトの組み合わせは大変よいものです。なんというか、随所に店主のセンスとオリジナリティを感じます。
オリジナリティもエッと驚くような押し付けがましいものではなく、店主が必然性を持って選択したもので、食べる側は「ああ、納得」というものが多いです。

ビールはたぶん20本くらい飲んで、私は焼酎の三岳を4杯飲んでお会計で5名で20,000円でした。
これ、かなり安いと思います。

まあ、正直初見でこの店に入れる人がいたら本当に尊敬するくらい入るハードルは高いお店ですが、入ってみたらまあありましたよ、桃源郷。という感じのお店でございます。


ささの葉のビールはエビスだけです。


ささの葉でイチオシの日本酒です。

 

 

 

#

さて、ここでお店のレポートは終了して、この店を紹介してくれた吉祥寺で年間数百軒を飲み歩いているポックリボーイ氏のズボンを紹介します。

DSC01399 DSC01400

尻の部分に口があり、チャックになっていて開けることができます。聞くと「今年はこれで行く」と言います。「今年はこれで行く」。重い言葉です。

どうやってこんなズボンを探すのか?どこに売っているのか?と彼に聞いたところ、

「Googleで「ズボン 派手」で検索するんすよ!」

とのことでした。

正直私は目からうろこです。普通の人間は「ズボン 派手」とは検索しない。だからこのズボンの存在を知らない。ちなみに冬のコートも「コート 派手」で検索したものを購入したそうです。以下がその写真です。雷コーディネートですね。正直なところ、彼のこういうところは心から尊敬しています。

20130814-083518.jpg

DSC01374

ついでに、上記記事でアナゴをかざされた友人は地獄のミサワという名前で、「外人にマウスカーソルを当てると痰を吐く」ページが大ヒットして赤塚賞を受賞した気鋭のホームページ職人です。今やきゃりーぱみゅぱみゅさんと対談するなど大変有名になり、世界を飛び回っています。近年は結婚してイスタンブールで執筆活動をしているとか。私はもう10年以上前にホームページつながりで彼と知り合い、面白さとは何かについて夜通し話し合った仲です。

私はきゃりーぱみゅぱみゅさんのことが好きなので、ひととおり彼女の事を聞きました。初めて会った印象はどうでしたか、かわいかったですか、スリーサイズは何でしたか、など。ミサワは丁寧に1つ1つ答えてくれました。

DSC01396
78-56-82ッス

なお、誤解される方もいるかもしれませんのでちゃんとお伝えしておくと、彼はそういうことを言う人間ではありません。上記キャプションは私の創作ですし、基本的にここに書いた彼の情報はだいたい嘘です。

以上、よろしくお願い致します。

 

 


恵比寿の「まくら とよかつ」でいっぺんに頼む。

個人的には恵比寿にはほとんど縁がないのだが、「恵比寿に行くとこの店」ってのがある。

20130808-122218.jpg

それが「まくら とよかつ」だ。店名から分かるとおり「まくら」の店だ。ひとまずここは、「あー、まくらの店ね」と思っていただきたい。

恵比寿駅西口からほど近くのマンション一階の一角にあって、マンションはそこそこ新しい感じなのに、この店の中だけ明らかに30年くらい老朽化している。マンションの一室に古い居酒屋の空間をそのまま持ってきて、ベターっと内側にはっつけた、そんな感じがする。

縄のれんをくぐって中に入るともうもうとした煙に出迎えられ、だらーっと奥に伸びたカウンターのどこかに案内される。

20130808-122022.jpg

で、好きな飲み物をたのんで待ってると、店の奥さんから容赦ない一言が浴びせられる。

 

20130808-122006.jpg

「焼き物の注文は一回です」

最初のところで「まくら」を強調しすぎて忘れていたが、ここはもつ焼き屋である。でも焼き物は1回しか注文できない。最初は冗談かな、とか、実は次に頼めばいいんじゃないの、店の売り上げにもなるし。とか思ったりもしたのだが、どうもやっぱり本当に注文は1回だけなのだ。

こういう店のローカルルールは好みが分かれる部分があるが、個人的にはそんなに嫌いではない。たしか、渋谷の福ちゃんっていうところで、魚の注文は1回だけっていうのがあったな。あれはまあ、量が多すぎるしな。赤羽の米山も確か1回。あそこは客が多すぎるしな。あと、門前仲町の魚三は最初の注文は刺身以外を頼むな、とか。まあ、理不尽なのもあれば仕方ないかなってのもある。なぜそのルールになったのか、チューハイを飲みながら店員の動きを見て予想するのが楽しい。

焼き物はかしら、レバ、たん、はつ、なんこつ、こぶくろ、あぶら(シロ)、そして「まくら」。1本140円だったと思うので普通の店よりちょっと高い。まくらはもうちょっと高い。

で、それをうーんと悩んで、いっぺんに頼む。腹が減っていれば右から左までずいーっと1本ずつ、とかやればいい。今回はうーん、と悩んでアブラとまくらを2本ずついっぺんに頼む。

20130808-122101.jpg

アブラ。基本的に串はネギ間になっている。焼き加減は絶妙である。

20130808-122043.jpg

そしてこれが名物のまくら。豚のどこだかの肉をたたいてたたいてニラでまいたやつ。これがめっぽううまい。こげてんじゃねえのという見た目だが、こげてはない。たぶん。

で、焼き物を頼んでひととおり食べた後は、春菊のごまよごしだとか、ブロッコリーだとか、そういったものでワインとかにごり酒を飲むというのがこの店の定石である。

さて、一通り飲み終えると店もいい時間帯。この時間帯になると新規の客もあまりこなくなる。ああ、すると主に焼きを担当しているおっさんは暇そうだ。なるほど、そういうことか。焼き物の注文1回はおっさんが暇になるためのルールなのか(当サイト独自の推測です)。

まあ、いずれにしてもそんなに長居する店ではない。さーっと飲んでさーっと出ます。

20130808-122229.jpg

 

ごちそうさまでした。