Home > 第9回(1998年) 前半

第9回(1998年) 前半

  • 2009.08.15 Saturday
  • -
第9回前半ダウンロード(約40分)

いまさらながらに90年代を回顧するラジオ、オイサオイサで山車ラジオ、第9回目、1998年でございます。ずまと四万十川が初めて会った年です。今回は90年代に造詣の深いWINO評論家、佐々木さんをゲストにお送りいたします。

夏ということで、サマーウォーズを見てきたりしました。四万十川は「手」映画であるというよく分からない結論に。


・四万十川は当時西荻窪に住んでいました。



西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

祥伝社
この作品によって西荻のイメージを決定づけられた。




・大学に入って猟友会というバンドを作ったりしました。


ずま・四万十川が初めて組んでやったバンドです。

猟友会ホームページ

音源をいくつかあげておきます。まあ、聞いてられないと思います。

・目白福祉作業所
Stone RosesのElephant Stoneにインスパイアされた曲です。


・チンパン君
我々バンドが根城としていたたまり場のすぐ隣にはいつもチンパンジーに似た顔の男性がいた。我々は彼をチンパン君と呼び蔑んでいたが、ある日チンパン君はそのたまり場で、女性の股間に頭をグサッとさしてニヤッと笑っていた。それを見たとき、何かがはじけた。音楽だの何だのという以前に、女性とまぐわいたい。プリミティブで、純真な叫び。


山下学園としてDrive to 2000というライブに出演しました。


正確に言うと1999年なんですが。
ちなみに元メンバーの二人は俺はこんなもんじゃないというバンドで活躍中です。

ちなみにこのイベント、対バンがすごい。鈴木慶一とか大槻ケンヂとか、突然段ボールとか非常階段とか千葉レーダとか!

・宍戸留美 地球の危機

当時カルト的な人気を博していました。ひそかに来ていたニューウェーブの波にモリッと乗っていた感じでした。この曲かっこいい。

・突然段ボール 笑われて


・千葉レーダ

ウルトラ・ベリー・ベスト・オブ・千葉レーダ

ウルトラ・ベリー・ベスト・オブ・千葉レーダ

Out One Disc
茂木さんのかっこよさが光る。



動画はありませんでしたが、こちらでベスト盤を視聴できます。メインの茂木さんはこの後、スキージャンプペアのナレータ役から飛躍していきます。梅ガムもらって狂喜してたりしました。

1998年のTOP50から


L'Arc~en~Ciel 浸食 〜lose control〜

ハリウッド版ゴジラのサントラで浮いてた。

・Every Little Thing Time goes by

キャミソールは持田香織が起源であるかどうかについて議論に。でも、かわいいことには誰も異論はなし。

・Girl Next Door Infinity

Every Little Thingが築いた路線。
聞いていると、「俺も頑張ろう」と思うとはずまの言葉。

・PENICILLIN ロマンス

確かTonight2内でやってた「すごいよ!!マサルさん」のテーマ曲でしたよね。Aメロへの転調とカッティングがかっこいい。

・Luna Sea I for you

意味分からない英語題名の代表曲。

J-Friedns Children's Holiday

マイケル・ジャクソン作曲。西寺郷太が絶賛という噂。


The Brilliant Green - There Will Be Love There

ザ・ブソソアント・グソーンである。

恥ずかしいけどRockin'on Japan系



・Suparcar Lucky

女ボーカルを据えて、バンドでやりました。(ずま・四万十川)

・くるり 東京


・ゆらゆら帝国 発行体

水木しげる感がたまらない(ずま)

そして、ラジオ内ではゆらゆら帝国の話をしている時に何かが起こります。

--

後半はもうちょっとそっち系の音楽と、当時自分たちがハマった音楽を中心に話します。

Comments:5

Burberry Sale 2013/06/15 04:43 AM
オイサオイサで山車ラジオ - 第9回(1998年) 前半
Prada Wallet Sale 2013/06/15 04:43 AM
オイサオイサで山車ラジオ - 第9回(1998年) 前半
chanel bags 2013/06/15 04:40 AM
オイサオイサで山車ラジオ - 第9回(1998年) 前半
四万十川 2009/08/26 10:39 PM
>工具さん
うわー、すみません!全然コメントに気づいていませんでした!
「スーパーカーがロンブーの深夜番組でボーリング」、非常に興味をそそられます。なんか、ピンとか見ずに足元ばっかり見てそうですね(勝手なことを)。

マサルさんは確かにワンダフルでした!東幹久の紹介でしたねえ。確か。
もはや記憶が朦朧・・・。訂正しておきます。
現在、後編を鋭意編集中でございます。少々お待ちを。
工具 2009/08/19 07:02 PM
こんにちは!いつも楽しく拝聴させてもらっています、愛知県名古屋市で工具です。

今回もなかなか聞き応えのある内容で当時のことも思い出したりしました。スーパーカーは当時女子がベースの変わったバンド編成で注目され、確かロンブーの深夜番組でボーリングをしていた(させられていた)覚えがあります。

くるりは変態、これが当時の印象だったと思います。青い空のPVのことですね。

後編も楽しみに待ってます!


すいません、ちなみに『すごいよ!!マサルさん』はワンダフルだったと思います。
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://oshienai.com/oisa-oisa/sb.cgi/17
Listed below are links to weblogs that reference
第9回(1998年) 前半 from オイサオイサで山車ラジオ
トラックバックはありません。

Home > 第9回(1998年) 前半

Search
Feeds
Recommend

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
クロなら結構です
クロなら結構です
ビクターエンタテインメント

RECOMMEND
朝のステーキ
朝のステーキ
ギンジンレコード
このカッコ良さがガキにわかるか!とか言っちゃいたい。(ずま)

RECOMMEND
ジ・ラップ・ロボット
ジ・ラップ・ロボット
ブルースインターアクションズ
ヒップホップ部門ではコレ!(ずま)

RECOMMEND
残照
残照
ミディ
現役の女性シンガーソングライターでは寺尾さんが一番好きです。(ずま)

RECOMMEND
Volume Two (Dig)
Volume Two (Dig)
Merge Records
映画女優ランキングでも第1位に選んだズーイー・デシャネルさんの音楽ユニットです。(ずま)

RECOMMEND
HAPPY END
HAPPY END
キングレコード
洗練された都会的なロックかつ、ほんの少しだけにおう汗臭さ。

RECOMMEND
風街ろまん
風街ろまん
ポニーキャニオン
音楽の中で一番です。(ずま)

Page Top