カテゴリー別アーカイブ: 食べもの

恵比寿の「まくら とよかつ」でいっぺんに頼む。

個人的には恵比寿にはほとんど縁がないのだが、「恵比寿に行くとこの店」ってのがある。

20130808-122218.jpg

それが「まくら とよかつ」だ。店名から分かるとおり「まくら」の店だ。ひとまずここは、「あー、まくらの店ね」と思っていただきたい。

恵比寿駅西口からほど近くのマンション一階の一角にあって、マンションはそこそこ新しい感じなのに、この店の中だけ明らかに30年くらい老朽化している。マンションの一室に古い居酒屋の空間をそのまま持ってきて、ベターっと内側にはっつけた、そんな感じがする。

縄のれんをくぐって中に入るともうもうとした煙に出迎えられ、だらーっと奥に伸びたカウンターのどこかに案内される。

20130808-122022.jpg

で、好きな飲み物をたのんで待ってると、店の奥さんから容赦ない一言が浴びせられる。

 

20130808-122006.jpg

「焼き物の注文は一回です」

最初のところで「まくら」を強調しすぎて忘れていたが、ここはもつ焼き屋である。でも焼き物は1回しか注文できない。最初は冗談かな、とか、実は次に頼めばいいんじゃないの、店の売り上げにもなるし。とか思ったりもしたのだが、どうもやっぱり本当に注文は1回だけなのだ。

こういう店のローカルルールは好みが分かれる部分があるが、個人的にはそんなに嫌いではない。たしか、渋谷の福ちゃんっていうところで、魚の注文は1回だけっていうのがあったな。あれはまあ、量が多すぎるしな。赤羽の米山も確か1回。あそこは客が多すぎるしな。あと、門前仲町の魚三は最初の注文は刺身以外を頼むな、とか。まあ、理不尽なのもあれば仕方ないかなってのもある。なぜそのルールになったのか、チューハイを飲みながら店員の動きを見て予想するのが楽しい。

焼き物はかしら、レバ、たん、はつ、なんこつ、こぶくろ、あぶら(シロ)、そして「まくら」。1本140円だったと思うので普通の店よりちょっと高い。まくらはもうちょっと高い。

で、それをうーんと悩んで、いっぺんに頼む。腹が減っていれば右から左までずいーっと1本ずつ、とかやればいい。今回はうーん、と悩んでアブラとまくらを2本ずついっぺんに頼む。

20130808-122101.jpg

アブラ。基本的に串はネギ間になっている。焼き加減は絶妙である。

20130808-122043.jpg

そしてこれが名物のまくら。豚のどこだかの肉をたたいてたたいてニラでまいたやつ。これがめっぽううまい。こげてんじゃねえのという見た目だが、こげてはない。たぶん。

で、焼き物を頼んでひととおり食べた後は、春菊のごまよごしだとか、ブロッコリーだとか、そういったものでワインとかにごり酒を飲むというのがこの店の定石である。

さて、一通り飲み終えると店もいい時間帯。この時間帯になると新規の客もあまりこなくなる。ああ、すると主に焼きを担当しているおっさんは暇そうだ。なるほど、そういうことか。焼き物の注文1回はおっさんが暇になるためのルールなのか(当サイト独自の推測です)。

まあ、いずれにしてもそんなに長居する店ではない。さーっと飲んでさーっと出ます。

20130808-122229.jpg

 

ごちそうさまでした。

 


瞬間レシピ ポテトサラダに黒コショウとモルトビネガーをぶっかけるとうまい

DSC00980-001

ポテトサラダっておいしいですよね。

あのマヨネーズによるどっしりしたコクと酸味、じゃがいものもっそり感、タマネギのシャックリ感。いいですね。副菜としても酒のつまみとしても重宝するメニューです。とはいえ、サラダという名前のワリに、構成する成分のほとんどがじゃがいもなので、まあ正直なところ野菜を採ったとは言えない、という欠点もあります。

これは、ミックスベジタブルが「ベジタブル」という名前のワリには野菜がニンジンしかないという実態を持っているのに似ています。両者ともに「野菜をとったつもり食」の代表と言えるでしょう。今後も「野菜をとったつもり食」界の動向について注視していきたいものです。

さて、そんなポテトサラダですが、大衆料理の傑作ということもあって、いろんなアレンジがなされています。かく言う私も、ポテトサラダを食べるときに必ずやる工夫があります。これは私がイギリスのパブに行った時になんとなーく思いついて、日本に帰ってきてから試して以来欠かせなくなってしまった、というものです。Googleで検索してみても誰もこの食べ方をしていないようなので、ここぞとばかりに紹介させていただきます。

大変刺激的でおいしいですよ。ではどうぞ。

1.まずはポテトサラダを作る
「オイ!ポテサラ作るレシピをさらせよ!」という向きもありましょうが、レシピは何でもいいのです。

ただ、出来るだけシンプルなものがよいでしょう。セブンイレブン等のコンビニで出来合いのものを買うのもよいと思います。自作のときは気持ち塩を強め、酢を入れるレシピだったら少な目にするとよいです。でも、まあどうでもいいです。

2.高めに盛る
セオリーですけども、高く盛るとなんだか美味しそうに見えます。
小さめの器に可愛く盛るのもいいですし、余白が程よく広い皿を使うのもいいです。ただし余白が広すぎるとおぼっちゃまくんの家のトイレみたいになりますので注意が必要です。

3.粒胡椒をかける
ペッパーミルがある人は一番粗めにして高めの場所からゴリゴリかけます。
ミルがない人はビニール袋等に粒胡椒を入れて、麺棒などの硬いものでガンガン叩きます。不思議なことに、憎い人のことを考えながら叩くとより強く叩くことができますので試してみてね!大きめの粒が残っているのもアクセントになってよいです。
粉々になったら高めの位置からパラパラ振ってください。

(ミル付です)

 

4.モルトビネガーをふる
モルトビネガーはあまりなじみがない方も多いかと思いますが、イギリスやアメリカでよく使われる穀物酢です。ビールを作るときに失敗するか、飲みかけのビールをほっとくことで出来る酢です。ええ。真に受けないでくださいよ。
イギリスではフィッシュアンドチップス等の揚げ物にかけることが多く、酸味とともにたいへん特徴のある香りがいっぱいに広がります。私の友人はこの匂いを「剣道場のにおい」とか「スメルズライクティーンスピリット」と評しています。つまり「結構くさい」ということです。

これをポテトサラダに5~6振りガッポガッポとかけます。

ちなみにモルトビネガーはハインツとサーソンズが有名ですが、サーソンズのほうがイギリスっぽい味のようです。ハインツは少し酸味が強いので、かけすぎると酸っぱくて食べにくくなります。ほどほどに。

というわけで完成!

DSC00980-001

まあ、ここまでダラダラ読んできたけど、実はタイトルの1行だけで十分説明されてね?と突っ込みたい方もいるかと思います。その時間を大切に思う気持ち、大事にして生きていってね!

もともとモルトビネガーはフライドポテトにかけたりもするので、揚げていないとはいえじゃがいもとの相性は約束されたもの。いつものポテトサラダが、イギリスのパブっぽいクセのある料理に変身したような気もしますよ。あと、ほぐしたコンビーフを最後に上に乗せるのもいいと思いますし、色のためにパセリを散らしてもよいでしょう。

居酒屋をやっている方はポテトサラダとコンビーフを縦にたかーく盛ったものに黒胡椒とモルトビネガーをかけて680円で提供するのもアリだと思います。その際は「シマントおじさんの辛くてすっぱいしあわせポテト やさしさたっぷりコンビーフ乗せ」と名付けてください。

というわけで、どうぞお試しください!


プジョーのミルは一種のアコガレですよね。3000円台とか安っ。


5分で出来る夏地獄レシピ 青唐辛子と香菜(パクチー)の和え物(老虎菜)

DSC00935   夏になりますね。

大黒摩季が、「夏が来っる~、きっと夏が来っる~」と歌ったのはかれこれ20年近く前になりますが、あれから皆さんにも夏が来ましたでしょうか?まあ、たぶん20回くらい夏が来ているのではないかと思います。

さて、夏が近くなると八百屋には青唐辛子が並んできますね。でも、これをいまいち何に使っていいか分からない、レシピを探しても何だかそそらない・・・という方も多いかと思います。

本日は、そういう方にオススメの、青唐辛子と香菜(xiāngcài:シャンツァイ)=パクチーを使った料理をご紹介したいと思います。夏の野菜が発する強烈な辛さと香りをそのまんま殺さず食べるワイルドな、まさに「夏地獄」とも呼べる料理でございます。私は神田にある「味坊」という中華料理屋さんでこの料理を食べてその旨さに衝撃を受けました。料理の名称は「老虎菜」といいます。

ちなみにこれは中華料理ですから、以下「パクチー」と呼ばず、敬意をもって中国語の「香菜」と呼ばせて頂きますよ。

巷ではなんかトッピングとしての役割ばっかり負わされている香菜、しっかり調理の対象になります!是非料理してやってください!

ではどうぞ。

用意するもの(1人分)

  • 青唐辛子 1本~2本
  • きゅうり 1本
  • 香菜 2株程度
  • 白ネギ(白い部分を5cm程度)
  • ごま油 (小さじ半分~1杯)
  • 塩 (1つまみ)
  • 化学調味料(1ふり~2ふり)

1.青唐辛子をサッと洗い、ヘタを切ってから、縦に切れ込みを入れて中の種をとる。
※種を取った手で目をこすると確実に泣けるので、泣きたい人にオススメ!

2.青唐辛子を斜めになるべく細く切る

meshi2

あんまり細くないけど気にしないで。

3.白ネギをやはり斜めになるべく細く切って水にさらしておく

meshi1

ネギはあくまで脇役なのでエグみをとってシャクシャク感を強調します。ネギ好きな人は水にさらさずにそのまんま食べてもいいけどね。

5.香菜をざーっと水で洗ってからそれなりの大きさに切る

meshi3

香菜はなるべく新鮮でパキッとしたやつを使ってください。

6.きゅうりを縦長に切る
きゅうり1本分を細めに、縦長に切ってください。大体1本分くらい入れていますが、好みでどうぞ。

7.材料をしっかり水きりしてください。
サラダスピナーがあるといいですが、ないならキッチンペーパーなどでしっかり拭きとって。これを怠るとベチャっとして美味しくないんです。

8.切った材料をボールに入れて、ごま油小さじ2分の1、塩ひとつまみ、化学調味料1ふり程度を加えてざっと混ぜてください。


調味料の量は参考なので、味見しながら塩気を好みのレベルに調整してください。ごま油も足していいですが、多すぎるとベタついてせっかくの風味が損なわれますので程々に。

9.盛りつけて完成!

DSC00935

ポイント

  • 化学調味料に抵抗がある方もいるかと思いますが、この料理に限ってはその信条は捨ててください。無いと「老虎菜」の味にならないです。
  • 作って時間が経つと塩で香菜がしんなりしてきてしまいます。そうなると美味しさは半減。ぜひ食べる直前に作ってください。
  • ひとまずこの基本の味を覚えたら、生姜の千切りを加えたり、レモンを加えたりしても良いと思います。

まとめ

所要時間は約5分。香菜の強烈な香りとほんのりとした苦さ、青唐辛子の容赦無い辛さ、ネギのシャキシャキ。それを仲良くまとめるごま油の風味。前菜として、ビールを流しこむお供に最高です。さあさあ、八百屋にパキッとした青唐辛子があるうちにこいつを作って食べてヒーヒー言いましょう!

 

関連記事
夏はこっちもいいぞ!
四川一の激辛料理!水煮牛肉のレシピ


異論はあるであろう、渋谷 喜楽中毒者のための代替ラーメン4種

前回記事で取り上げましたが、渋谷の喜楽休業のお知らせに少なからぬショックを受けている方、多いかと思います。

本日(5/29)現在、あくまで休業とのことなので、そこまで心配するに及ばず、ですが、あれがしばらく食べられないと思うとボディーブローのようにきいてくるものがあります。

しかし、ないものは仕方ない。その寂しさをごまかすために今できることを楽しみましょう。そういうわけで、個人的に「喜楽と近い楽しみ方をできる」と感じているラーメン店をご紹介します。

喜楽に由来するお店もございますが、「ラーメンともやしそばとタンメンの時代」のうまいラーメン、という観点で絞りました。まあいろいろご意見もありましょうが、そこはなんとかご高配を賜わりますようお願い申し上げます。(というか、俺は私はここだ!というコメントがあると嬉しいです)

永楽(大井町)

DSC02452

大井町にある「野垂れ死にたい路地」No.1こと東小路のまっただ中にあります。喜楽と同じように揚げネギを使っているということで、郷ひろみの話題になったら我修院達也が出るくらいのレベルでこの店の名前は出てきます。

こちらの揚げネギは喜楽に比べて黒いです。それが見た目をとても素敵にヒドイものにしています。あと、平打の麺がたいそうベロンベロンで、食べているとなんだかグチャグチャになります。それが猛烈に美味しいのです。喜楽とは見た目と揚げネギこそ似てはいますが、全く別物です。

20130529-121955.jpg個人的なオススメはもやしそばです。揚げネギで真っ黒になったスープにどろりとしたもやしのあんかけが乗るその姿は「暗い宇宙に浮かぶ謎のあんかけ星雲」という印象です。野菜炒め感のある喜楽の「もやし麺」とは違って、いわゆるサンマーメンに近いですが、ベロンベロンの麺にデロンデロンのあんかけがまざってそれはそれはもう大変です。オススメです。 

 

かおたんラーメン(青山霊園の南端)
20130529-090016.jpg
ここはまさに喜楽で働いていた方が作ったお店だそうで、たぶん今回紹介する中では最も味が近いと思います。スープの味はハッキリと強いため、私はもしかしたら、ラーメン単体としては喜楽より好きかもしれません。おいしいです。絹さやの緑も大変美しい。

ただ、それ以上にイイのはこの店のたたずまいです。まず、都心にあるにもかかわらず、どの駅からも歩いて10分以上はかかるという立地。いいですね。そして最寄りのバス停が「墓地下」という名前。ゾンビが出そうでいいです。

 

そして、さらにはこの外観。

20130530-010554.jpg

いいですよねえ。そりゃあ入ります。見た目のワクワク感とラーメンの味が見事に合致する名店、と思います。

なお、同じ派生店で恵比寿ガーデンプレイスの近くに「香湯ラーメン ちょろり」もあります。そちらは喜楽やここの店より少し味が優しめでこれまた美味しいです。

はつね(西荻窪)

74511ここから紹介する店は揚げネギが入っていないので喜楽とは全く違いますが。

今やタンメンの店として有名で、大変な行列のお店です。どいつもこいつもタンメンばっか食べやがって(おいしいけど)全く注目されませんが、私はこちらのもやしそばが大変好きです。どなたかが「慎ましい」と表現しており、その通りかとも思いますが、それだけでなくとても強いです。それは味だけでなく、もやしと申し訳程度に添えられた人参の美しさによるものでしょう。

先代のとき、おばさんが窓に飾っていた小瓶に入った小さい花が大変印象的でしたが、あの花とこの人参の存在感が少しかぶるのです。ああ、なんかウザい感じの評価になっていますか。まあ、とにかくタンメンだけでなく、もやしそばを食べてみるべきと思います。

集来(大門)

20130530-010603.jpg

サンマーメン

今まで出た店より比較的知名度が低いですが、こちらのラーメンは個人的にものすごく好きです。

昼時になると近所で仕事するおっさんばかりで埋まり、店内はおっさん充実度が高いです。かわりに夕暮れ時になるとガラガラで、ほぼ独占状態になるのですが、薄暗い店内で食べるここのラーメンは得も言われぬうまさを感じます。

名物の手打ち麺はたいそう美味しいので必ず注文すべきですが(各30円アップ)、それ以上にここのスープを味わっていただきたいと思います。

ここのスープ、古い中華由来っぽいラーメン店では珍しい、煮干しの出汁が香りますが、これがいやらしくない必然性のある味なのですね。で、スープはものすごく量が多くて、食べている間、ずっとたゆんたゆんしています。永福町大勝軒に比較する方もいますが、それも分からなくもないです。

お店ではタンメンや五目そばなどの塩味メニューがよく出ていますが、私は普通のラーメンやサンマーメンなどの醤油味をおすすめします。たゆんたゆんとする贅沢なスープに麺を泳がせやがれ。

というわけで、喜楽がなくなってもんどり打っている方はこちらにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?どうぞよろしくお願い申し上げます。

 


(7月2日再開しましたよ!!)渋谷の喜楽の休業について

[追記 7/2] ついに再開しました!というか、早い!詳細は後ほど!

[追記 6/8] 検索でいらっしゃる方が多いようなので、今のところまとまっている情報を書きます。

  • 「閉店」ではなく店内改装のための「休業」。
  • 本当に改装している。(カウンターも撤去するくらい本気の改装 13/6/8撮影)BMOyxYRCYAAfn-j.jpg-large
  • 再開の日程は分かっていない。
  • 従業員を募集しているので、そんなに遠くないんじゃないか・・・と思う。

以上です。

喜楽中毒者のための代替ラーメン4種なんていう記事も更新したので見ていってください。

5月22日の私の周辺のTwitterのタイムラインを「喜楽、休業」のニュースが飛び交った。

こちらも慌てて調べてみたが、どうやら本当らしい。ラーメンデータベースでは5月17日に休業したという報告が上がっていたので、初報はそのあたりなのだろう。「閉店」ではなく「休業」なのは少しだけホッとしたが、それにしても、渋谷に喜楽がないことの喪失感ったらない。

喜楽とは、昭和28年に創業した渋谷のラーメン屋だ。歯切れのよい平麺(最近麺が変わったけど)と、シャキシャキのもやし、そして味の印象を決定づける揚げネギ。大変うまい。

この店、ファンは多いが、店も半世紀以上続いているだけに、初代から通っている派、改装されたビルしか知らない派など、まあファンに色々なパターンがあるわけで、あの頃はうまかった、いやいや、あの頃に比べるとこの頃は、なんて断絶があったりする。私が喜楽を初めて食べたのは約15年前、大学に入ってすぐの4月だ。おいおい、15年前か。ビルしか知らない派です。

そんな断絶もあったりするファン達だが、私の周囲の喜楽ファンには世代を問わず共通している部分がある、ように見える。それは「今日喜楽食いたいからどうしても渋谷に行く!」みたいな、ラーメン二郎のごとき中毒症状的な感じで好きではない、ということだ。どっちかというと、何かの用事で渋谷に行った時に「あー、渋谷かー、渋谷行くとまあ喜楽だよなー、仕方ないよなー、渋谷だもんなー、いくかー」とニヤニヤしながらしぶや百軒店のアーチをくぐる感じ。これが近い。

「なんとなくセンター街の桂花気分なんだが、やっぱり渋谷に来たら喜楽だよな、桂花は新宿行っても食えるし、なんとなく渋谷で桂花は邪道な気もするし、よし喜楽。でも坂登るのめんどくさいし・・・でも喜楽。」で、歯切れのよい麺をズバー。

喜楽の味自体もだが、渋谷に来た時のこの悩み、なくなるのが寂しい。

遠くないうちに再び食べられることを願って。1階のジャニーズばりに胸のはだけたおじさんの話などもしたいところだが、それはまた復活したときにしよう。